「Wnidows 10」いよいよ提供開始

日本マイクロソフトは2015年7月29日、都内で「Windows 10提供開始ファンイベント」を開催した。
7月29日にWindows10の提供が開始

7月29日にWindows10の提供が開始



本イベントは、シドニー・日本・上海・ロンドン・ニューヨークなど世界13都市でWindows 10の提供に合わせて実施。日本は時差の関係で、シドニーに次いで世界に2番めに早い開催となった。東京会場では、早期検証プログラム「Windows Insider Program」参加者を含む約500人が招待され、Windows 10の門出を共に祝った。

Windows 10は最新のWindows OSとして、Windows 7およびWindows 8.1のユーザー向けにオンラインを通じて無料で提供される。開発の初期段階から早期検証プログラム「Windows Insider Program」を実施するなど、開発者や一般ユーザーなど世界で500万人が参加する同プログラムから得たフィードバックを経て、今回の提供に至った。

Windows10 のイメージカラーにちなんだブルーのケーキ

Windows10 のイメージカラーにちなんだブルーのケーキ

会場にはWindows 10を搭載したデバイスやXbox Oneを実際に体験できるコーナーが設置。他にもWindows 10のイメージカラーを使ったブルーのカクテルやケーキが参加者をもてなした。




 カウントダウンならぬ"カウントアップ"で門出

ステージに登場した日本マイクロソフト社の平野拓也新社長は、「顔と名前が合っていない平野です」と、ファンにはお馴染みの挨拶で会場を沸かせた。「一緒にWindows 10を作っていただいた皆さんと喜びを分かち合いたい」とお礼を述べ、「アップグレードすることで、世界中の人々や組織がより多くのことを達成できるようにすること」がWindows 10のミッションだと語った。

挿入画像

ステージではリアルタイムデモを実施。会場を沸かせた。

ステージではマイクロソフトの技術スタッフ3名を交えてのパネルディスカッションも実施。「Windows 10は史上最高、でも無料」「One OSであることが特徴。ひとつのコアで様々なデバイスで動作する。そしてアプリケーションプラットフォームも1つにする。母なるOSだ」と説明。

新ブラウザー「Microsoft Edge」のデモでは、ドルビーオーディオをサポートした迫力のサウンドを披露。あらたにサポートされたDirectX 12のデモでは、スクウェア・エニックスが手がけた「WITCH CHAPTER 0 [cry]」が実機でプレイされ、リアルタイムのレンダリング技術と美麗なグラフィックの秀逸さを示し、会場からは驚きの声が上がった。

また、音声アシスタント機能「Cortana」との会話を実施。日本語版は開発中とのことで、英語での会話を披露した。天気を教えてくれたり、歌まで歌ってくれたりとスムーズに会話が楽しめる。司会者の「あなたは女の子ですか?」という質問には「いいえ、でも私は女の子のように素敵よ」とユーモアをで返すひと幕も。

挿入画像

カウントダウンならぬカウントアップで会場を盛り上げた

デモの後は、再び平野社長が登場。Windows 10にちなんで、カウントダウンならぬカウントアップセレモニーが行われた。カウントは1からはじまり、「8、9……Windows 10!」と会場一体となってコール。平野社長はそのままステージを降り、来場者とハイタッチを行い、会場のテンションは最高潮に達した。


ステージではその後、女性シンガーの藍井エイルさんのスペシャルライブも開催され、大盛況のイベントとなった。
挿入画像

世界ツアー真っ最中の蒼井エイルさんは「シリウス」などを熱唱

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。