どこへ買いにいけばいいのか?

初めて浴衣を買いに行くとき、最初に思い浮かぶのが百貨店の呉服売り場。若干お値段が高めになりますが(単品で3万円前後、一式で5~10万円程度)、あまり強引なセールスもないので、ご予算があって、お気に入りの浴衣が見つかれば、百貨店はおすすめです。

花火大会や夏祭り見物用の浴衣が、お値打ちで買えるお店といえば、

  1. スーパーの特設浴衣売り場(モール内での専門店街はのぞく)
  2. 庶民派着物に強いお店(下町の商店街などでよく見られます)
  3. 問屋街で小売りをやっているお店(東京なら馬喰町、大阪なら船場センタービル、京都なら祇園祭時期の室町通りなど)
  4. ファストファッションブランドの浴衣
  5. ネット通販(二度目以降で、自分の寸法などが分かればおすすめ) 
浴衣大売り出しの様子

浴衣大売り出しの様子


こうしたお店では安価なことに加え、取り囲みなど無理なセールスがほとんどないため安心して購入できます。

浴衣を買いに行くときの注意点は?

1.着る本人が買い物に行く
家電や書籍のように型番で特定できるものとは違い、浴衣や着物は寸法・手触り・微妙な色柄の違いなど、本人が直接見て触れて確かめないと分からないものです。

特に男性の場合、自分にあった寸法の浴衣でないと、かっこ悪い浴衣姿に直結します。ちょうどいい寸法のものを選びましょう。

2.できるだけ一人で買いに行かない
両親・友人・知人など、着物に詳しい人と一緒に行きましょう。呉服屋さんのペースに乗せられず、安心して買い物ができるでしょう。

親と一緒に行く場合はともかく、友人知人と行く場合、購入を決めるときに背中を押して欲しいのか、逆にブレーキをかけて欲しいのか、人選には気をつけましょう。

3.着ていく場所・目的を伝える
同じ「浴衣」といっても、家でのくつろぎ着か、近所の夏祭りや花火大会に行くのか、パーティーやランチ会に行くのか、踊りや芝居の稽古着か、など用途によって買うべき浴衣は微妙に違ってきます。

特に、昼間に着るかどうか、パーティーなど華やかな場面に着るかどうかは、選ぶ際の重要な要素となります。購入時、必ず着物屋さんに伝えましょう。

4.「反物」は最低1ヶ月かかる
吊し(既製品)のほかに、反物で買って仕立ててもらうという、オーダーメイドのような買い方もあります。ただし、購入から1ヶ月はかかるので注意が必要です。体型的に既製品があわない場合、例えば夏に間に合わせたいのであれば、遅くとも5~6月頃に行ってオーダーするようにしましょう。

初めての浴衣の買い方まとめ

  • まず、どこへ着ていくかはっきりさせよう
  • 下駄や帯・小物類など、お買い物リストを作ろう。浴衣単体では着られない
  • 安価で良心的なお店を見つけよう
  • 着る本人と、お友達や家族と二人以上でお買い物へ
浴衣を無事買ったら、着付けをお勉強しましょう。オールアバウトでは、浴衣の着付けに関する記事がたくさんあります。参考にしてみてはいかがでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。