植物由来の宝石

植物由来の宝石


石の由来と特徴


古くから富と健康の宝石として親しまれているアンバー(琥珀)は、約3000万年以上前の樹脂が化石化したもので鉱物ではありません。

燃やすと独特な香りがし、それが「龍涎香・りゅうぜんこう(アラビア語でanbae)」に似ていることからアンバーと名づけられたそうです。

一般的な色味の「琥珀色」「アンバー」というと、透明感のある黄褐色や黄色よりの橙色のことを指しますが、
宝石のアンバーの色彩は黄色、黄褐色、赤褐色の半透明や透明、黒、緑など多彩です。

昆虫などが入り込んだ「虫入りアンバー」はとても貴重で学術的にも価値があります。


富と健康のアンバー

富と健康のアンバー

石のちから

・安定した金運、豊かな富をもたらす
・勝負強くなる
・体内のエネルギーバランスの調整
・緊張を和らげリラックスさせる
・長寿、繁栄の象徴




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。