ボーナスは法律で決められているわけではない

そもそも、ボーナス(賞与)はどのように決められているのでしょうか。労働者を守る法律「労働基準法」では、賃金(給与)については、毎月最低1回、一定日に通貨で直接支払うなどと決められています。毎月支払われる給与は法律でしっかりと守られているのです。

契約社員のボーナスは会社との契約内容が全て

契約社員のボーナスは会社との契約内容が全て



それに対してボーナス(賞与)は、法律では何も定められていません。業績悪化でボーナス減額やゼロといったこともあり得るということですね。

ただし、会社が定める就業規則にボーナス支払いについて書かれていれば、会社はその決まり通りに従業員にボーナスを支払わなくてはいけません。正社員のボーナスはこのような状態です。

契約社員は会社との契約内容が全て

正社員は期間の定めがない労働者です。契約社員は、会社と契約期間を定めた労働契約を結んでいます。つまり、契約社員は会社と結んだ契約内容が全てです。契約内容にボーナスや賞与が入っているかが、ボーナスがもらえるかどうかの決め手です。

就業規則にボーナスの支給が決められている場合なら、契約社員にもボーナスが出されるかもしれません。正社員限定での決まりであれば、契約社員には支給されなくても仕方がありません。雇用形態の区別なくボーナス支給が規定されているのなら、契約社員でもボーナスがあることになります。ただ、正社員の支給額と比べると、かなり金額は低くなることが多いです。

年俸制ではボーナス支給月に多くもらうことも

年俸制で契約している契約社員の中には、ボーナス支給月に給与が多くなるように設定しているところもあります。年収の14分の1や16分の1を毎月の給与として、ボーナス支給月に1か月や2か月分を加算して受け取るという具合です。厳密にいうとボーナスとはいえませんが、このように工夫している場合もあります。

このように、契約社員ではボーナスをもらっているかどうかは、会社との契約しだいです。もらっている人は一体どれくらいの支給額なのでしょうか。

契約社員のボーナスは年間で平均30万円。正社員との差は?

大学卒・大学院卒の雇用形態、年齢別のボーナス年間支給額(千円)。正社員とそれ以外の差は歴然 (出典:平成29年賃金構造基本統計調査(厚生労働省))

大学卒・大学院卒の雇用形態、年齢別のボーナス年間支給額(千円)。正社員とそれ以外の差は歴然 (出典:平成29年賃金構造基本統計調査(厚生労働省))

表は、厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査(平成29年)」から大学、大学院卒業の雇用形態別のボーナスを抜き出したものです。このデータは、短時間労働者を除いた一般労働者のうち、雇用形態として「正社員・正職員」、「正社員・正職員以外」という2種類にわけています。契約社員はこの「正社員・正職員以外」のほうですね。

「正社員・正職員以外」の平均は30万8500円。年間支給額でこの値ですから、年2回の支給とすると1回あたり15万円程度。支給されるだけ良いかもしれませんが、ボーナスというには寂しい金額ともいえます。

また、「正社員・正職員」の全体平均が138万7000円なのに対して、正社員・正職員以外は30万8500円。その差は100万円を越えています。

年齢によるボーナス額アップほとんどなし

年齢別の支給額をみてみましょう。正社員以外では、40歳代までは10万円台、50歳代前半で20万円台、50歳代後半で40万円超え。特に40歳代までは、年齢にともなって上がったり下がったり。実情は年齢があがっても支給額が増えるということはなさそうです。

それに対して正社員は20歳代後半で80万円台となり、30歳代からは100万円台の大台に。金額が順調に上昇している様子がわかります。正社員とそれ以外の差はここにも出ていますね。

ただひとつ様子が異なるのが、正社員以外の55歳以降のところ。55~59歳で41万1700円、60~64歳で一気に63万7000円とあがっています。調査人数をみると、55~59歳は5万人程度だったのが60~64歳は15万人となっています。これは、定年退職前後に正社員以外の待遇で再就職した人、再雇用された人が増えており、その結果平均額を押し上げているのでしょう。

男女差、現役世代はあまりなし

大学卒・大学院卒の正社員・正職員以外、男女別のボーナス年間支給額(千円)。現役世代の男女差はあまりなし (出典:平成29年賃金構造基本統計調査(厚生労働省))

大学卒・大学院卒の正社員・正職員以外、男女別のボーナス年間支給額(千円)。現役世代の男女差はあまりなし (出典:平成29年賃金構造基本統計調査(厚生労働省))

正社員・正職員以外のボーナスでの男女差もみておきましょう。20歳代までは女性が若干ですが金額が高くなっています。30歳代は男女ほぼ変わらずといったとこ。40歳代以降は男性が高くなっているのですが、その差はあまりありません。

こちらも、60歳代が男女ともに飛びぬけて金額が高くなっています。定年退職組が金額を押し上げているようです。

正社員と正社員以外のボーナス事情はかなりの待遇差がみてとれます。契約社員のボーナス事情もあまり良いとはいえません。ご自身が契約社員の場合は、契約内容を確認して、ボーナスが支給されるかどうかをチェックしておきましょう。

▼2017年冬ボーナス関連記事
ボーナス・賞与の支給日はいつ?会社員と公務員
2017年冬ボーナス平均支給額ランキング
2017年冬、公務員のボーナス平均支給額
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。