404エラー(NotFound)とは

404エラーとは、ページURLが変更されていて見れなくなったり、ページ自体が削除されているときに表示されるエラーのことです。
もしこれがWebサイト運営者側に起因するミスである場合は、ユーザービリティの観点から、その対応を検討すべきです。しかし、一見すると同じように見えても、実際は異なるものがあります。それがソフト404です。

ソフト404とは

HTTPステータスコードをよくみると、実際には404と異なっている場合があります。「ページが見つかりません・存在しません」と表示されることから、勘違いしやすいのですが、ステータスコードが200となっているものがあるのです。これがソフト404です。

このタイプがあまりにも量産されている場合、Googleからの評価を落としてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

404エラーページの作り方

404エラーページを作成する上での留意点は以下の通りです。

  1. 他のページと同じデザインにする(レイアウトを含む)
  2. 正規ページへの案内リンクを施す
  3. 検索ウィジェットを付ける

作成時には、この3点をきちんと守るようにしてください。

作成後は、.htaccess内部に以下の記述を追加しましょう。

ErrorDocument  404  /404.html

※最後の改行も忘れないように注意してください

次のページでは、作成後の検証を行っていきます。