2015年の夏に乗るべき列車は?

夏休みの鉄道旅行を考えてはいるけれど、どこへ行っていいのか迷っている人に向けて、「今夏に乗るべき列車」を5つ選んでみた。

1.北海道へ向かう寝台列車

上野駅のカシオペア

上野駅で出発を待つ「カシオペア」


夏と言えば北海道。少しでも涼しいところを目指して北へ向かう人も多いと思われる。鉄道旅行の場合は飛行機よりも時間はかかるけれど、ゆっくり列車で旅をしたい人も多い。それも直通の寝台列車がいい。

ところが、大阪発のトワイライトエクスプレスは3月に廃止となってしまい、残るは上野発の北斗星とカシオペアだけだ。そして、誠に残念なことに、臨時列車(定期列車としては既に3月で運転終了している)北斗星も8月で廃止と発表されている。
カシオペア

札幌を出発する「カシオペア」


乗るなら今夏が最後のチャンスである。カシオペアの方は、当分運転継続とのことで、廃止のアナウンスはないけれど、2016年春の北海道新幹線開業後の運転が保証されているわけではない。いずれにせよ、今のうちに乗っておきたい列車である。

北斗星の運行日程、料金など

カシオペアの運行日程、料金など


2.北陸新幹線で北陸へ

北陸新幹線

金沢に到着した北陸新幹線


2015年3月の開業以来、俄然注目されているのが北陸新幹線で行く北陸旅行だろう。人気とは言っても1日1往復しか走っていない寝台列車とは異なり、本数は1時間に1本以上はある。「はくたか」なら自由席もあるので、乗車チャンスは多い。さらに、長大トンネルがいくつもあるにもかかわらず、日本海の車窓、立山連峰や北アルプスなど山の車窓も見ごたえがある。
ダブルデッカーエキスプレス

富山地方鉄道の「ダブルデッカーエキスプレス」


北陸新幹線で単純に往復するだけではなく、金沢から能登への在来線、のと鉄道の観光列車、富山の路面電車、立山・黒部方面への富山地方鉄道、手前の長野、飯山からの飯山線など新幹線プラスローカル線&観光列車という楽しみもある。ぜひ、一工夫して楽しい旅をしてみたい。

北陸新幹線スペシャルサイト

富山地方鉄道の観光列車