浴室乾燥機や洗濯乾燥機の電気代

少しの工夫で洗濯物は早く乾かすことができる

少しの工夫で洗濯物は早く乾かすことができる

雨の日が続いたり、花粉が多い季節に困ってしまうのは、洗濯物を外に干せないことですね。近年では集合住宅の規約などにより洗濯物を外に干すことを禁止している場合などもあり、室内で洗濯物を干すケースは増えてきています。

比較的古くからあるのは浴室乾燥機。浴室全体が乾燥室となるので、洗濯物が邪魔になりませんが、電気式の場合もガス式の場合も1回(約6kg)の洗濯物を乾かすのに50~100円の光熱費がかかります(※)。

最近では洗濯機に乾燥機がついているものも増えてきています。ヒーター式、ヒートポンプ式、ガス式などタイプも色々ありますが、それでも1回30~100円ほどの光熱費がかかることになります(※)。

ましてや、これらの乾燥機能はランニングコストだけでなく購入時の出費もかなりかかるものです。今回は、出来る限り省エネで今あるもので洗濯物を早く乾かす方法をご紹介します。


部屋干しをした洗濯物は、そもそもなぜ臭うのか?

まず、洗濯物を室内に干した場合の一番の問題となる臭い。これは洗濯物が乾燥するまでの間、長時間衣類が湿っていることにより雑菌が繁殖し、そこから臭いが発生してしまっているからです。それを防ぐ為には、出来る限り短時間で乾かす。

そして雑菌も極力少ない状態にすることが大切です。部屋干し専用の洗剤を使ったり、通常の洗濯洗剤に衣類用漂白剤を混ぜて使用したり、すすぎの際に少量のお酢を使うことなどによって、菌の繁殖を最低限にすることができます。