携帯電話市場は、従来型のフィーチャーフォンからスマートフォンに大きくニーズが移っています。それでも、根強いフィーチャーフォンユーザー層に向けて、ユニークな端末がリリースされました。

本来スマートフォンのOSであるAndroidを搭載したフィーチャーフォンスタイルの端末です。フィーチャーフォンを「ガラケー」(ガラパゴススマートフォン)と呼ぶことから、通称「ガラホ」(ガラパゴススマートフォン)という名称が定着しつつあります。今回は、このガラホについて解説していきましょう。

ガラホとは?

ガラホは、「AQUOS K SHF31」としてauの2015年春モデルに登場しました。見た目やハード面の使い心地は普通の折り畳み携帯ですが、搭載するOSはAndroidとなっています。

ただし、ベースがAndroidというだけで、GmailやGoogle Playが利用できるわけではありません。つまり、Google Playからアプリのインストールができません。ただ、ブラウザや設定メニューなどはAndroidらしさが出ており、スマートフォンユーザーにも馴染みのある画面が出てきます。

■参考記事
Androidとは何かをわかりやすく解説!


操作性や無線LAN機能は?

「AQUOS K SHF31」は画面タッチの操作はできないため、基本的にはガラケーと同じようなボタン操作となります。ただ、ノートPCのタッチパッドのような操作が可能な「タッチクルーザーEX」という機能を搭載しているため、ガラケーよりもWebサイト等が見やすい設計になっています。独自のカーソル機能もあり、カーソルによる操作も可能です。

また、無線LAN(IEEE802.11b/g/n、2.4GHz帯)への接続や、テザリングも可能です。アプリとしては、LINEがプリインストールされており、スマートフォンを持つ相手とのやりとりも不便ではなくなっています。

このように、「AQUOS K SHF31」はスマートフォン風味のフィーチャーフォン、といった仕様になっています。

写真で端末紹介

「AQUOS K SHF31」。折り畳み型の携帯電話スタイルです。

「AQUOS K SHF31」。折り畳み型の携帯電話スタイルです


待受画面

待受画面


設定メニュー

設定メニュー


無線LANの設定画面

無線LANの設定画面


公衆無線LANに接続した画面

公衆無線LANに接続した画面


Androidのバージョンは4.4.4

Androidのバージョンは4.4.4


テザリング機能を利用した例。

テザリング機能を利用した例


LINEアプリの利用例。

LINEアプリの利用例


アプリのインストールについて

「AQUOS K SHF31」はGoogle Playには対応していませんが、Androidアプリのインストールは可能です。ただし、稼働しない場合もあります。apkファイルをBluetooth経由で「AQUOS K SHF31」に転送して利用してみました。

「AQUOS K SHF31」にBluetooth経由でapkファイルを転送

「AQUOS K SHF31」にBluetooth経由でapkファイルを転送


提供不明元アプリのインストールを許可します

提供不明元アプリのインストールを許可します


転送後、インストール画面となります

転送後、インストール画面となります


アプリが稼働している画面

アプリが稼働している画面


「AQUOS K SHF31」は、フィーチャーフォンとしての使い勝手も良い端末となっていますが、Android OSが搭載されているということで、フィーチャーフォンとは違った利用も可能になっています。今後、このようなガラホが増えてくると思われますので、ぜひ活用してください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。