バンコクの最新ショッピングスポット「EMQUARTIER」へ行こう!

EMQUARTIER(エムクオーティエ)は3つの建物に分かれており、 それぞれデザインに合わせてネーミングされている

EMQUARTIER(エムクオーティエ)は3つの建物に分かれており、 それぞれデザインに合わせてネーミングされている


2015年3月27日、BTSプロンポン駅に新しいショッピングモール、
HELIXの5階に空中庭園(The Water  Garden)があるのも面白い

HELIXの5階に空中庭園(The Water Garden)があるのも面白い

EMQUARTIER(エムクオーティエ)が開業しました。場所は既存店のEMPORIUM(エンポリアム)から、スクムビット通りを挟んでちょうど向かい側に位置し、エンポリアム同様、プロンポン駅直結となっています。

エムクオーティエの建物は3棟に分かれており、それぞれ建築デザインの特徴から、GLASS(グラス)、HELIX(ヘリックス)、WATERHALL(ウォータホール)と名付けられています。例えばウォーターホールは、中庭に面した外壁がバーチカルガーデンになっており、その中に滝が!なんとも東南アジアらしい演出。

テナントショップは、ファッション、生活雑貨、飲食、美容、映画館からフィットネスまで多岐に渡ります。



ファッションはジャパンブランドが熱い!

タイデザイナーズブランドを集めたフロアundefined「QRATOR (WATERHALL 2階)」は、外国人観光客やファッションバイヤーが多く訪れる

タイデザイナーズブランドを集めたフロア 「QRATOR (WATERHALL 2階)」は、外国人観光客やファッションバイヤーが多く訪れる


「BEAMS」undefinedHELIX 1階 メンズ、レディース、小物を揃え、トータルファッションを提案

「BEAMS」 HELIX 1階 メンズ、レディース、小物を揃え、トータルファッションを提案

シャネル、ドルチェ&ガッバーナ、サンローラン、プラダ、ミュウミュウ、バレンシアガ、ジミーチュウ、とハイブランドが出揃ったエムクオーティエ。一方、リアルクローズファッションではタイデザイナーズブランドと我らがジャパンブランドが注目を集めています。

中でも東南アジア初出店となるBEAMS(ビームス)は、日本贔屓のタイの若者に人気。「東京で買った事ある」「このロゴマーク知ってる!」とオープン初日から買い物客が。ビームスのショッピングバッグを下げた人の姿をバンコクで見かけるなんて新鮮!

「A Bathing Ape」undefinedWATERHALL M階  限定グッズの発売日には行列も!

「A Bathing Ape」 WATERHALL M階 限定グッズの発売日には行列も!

その他、裏原宿系カリスマブランドとして人気を博した「A Bathing Ape」や、加工にこだわったメイドインジャパンデニムが売れている「Vanquish」なども出店しており、タイのメンズファッション界に新風を吹かせています。

一見カジュアルだけど素材や意匠にこだわった日本製アパレル商品。タイの富裕層も先進国のファッショニスタ同様、値段より価値に飛びつく風潮にあるようです。

「Vanquish」   WATERHALL M階 輸入カジュアルブランドが集まるQスタジアムに出店

「Vanquish」 WATERHALL M階 輸入カジュアルブランドが集まるQスタジアムに出店

また、これらの他にユニクロ、ZARA、H&Mなどファストブランドもそれぞれ大きなフロア面積を占めて出店。幅広い客層をカバーするテナント構成になっています。