本場の迫力! バンコクでムエタイを観よう

観光やグルメとは違ったタイの一面を垣間見ることのできるムエタイ

観光やグルメとは違ったタイの一面を垣間見ることのできるムエタイ

世界最強の立ち技と言われているムエタイはタイの国技。タイでは、本場の熱い戦いを間近で観戦することができます。今ではタイ人選手だけでなく、ムエタイ修行でタイに来ている日本人選手とタイ人選手の試合が開催されることもあるほど。試合観戦だけではなく、試合前の神聖な儀式ワイクルーと呼ばれる舞いや、試合の最中に流れている伝統的な音楽を聞けば「タイに来ている! 伝統文化に触れている!」という気分も盛り上がること間違いなし。ムエタイが観戦できるタイ国内の主なスポットをご紹介します。

ルンピニボクシングスタジアム

シーロム、スクンビット周辺に泊まっている人にとってアクセスのよい場所にあるルンピニボクシングスタジアム

シーロム、スクンビット周辺に泊まっている人にとってアクセスのよい場所にあるルンピニボクシングスタジアム

ラマ4世通りにあるムエタイおよびボクシング専用のスタジアムで、収容人数はおよそ1万人。陸軍の所有地に建てられ、運営も陸軍によって行われています。観客席にエアコンはなく、あるのはファンのみ。

迫力を感じたいならリングサイトの席がおすすめ

迫力を感じたいならリングサイトの席がおすすめ

古い造りのままでありながら、好カードの多さとアクセスの良さで知られているスタジアムです。また、試合観戦の後、夜中までオープンしているルンピニ・ナイト・バザールで買い物が出来るのも嬉しい。

<DATA>
■Lumpinee Boxing Stadium(ルンピニボクシングスタジアム)
住所:Lumpinee, Rama 4 Rd.Bangkok
TEL:02-251-4303
アクセス:地下鉄ルンピニ駅から徒歩5分
試合開催曜日:毎週火・金曜18:30~、土曜16:30~、20:30~
料金:リングサイド2000バーツ(約5400円)、2階席1500バーツ(約4050円)、3階席1000バーツ(約2700円)

 

ラーチャダムヌンボクシングスタジアム

カオサンや王宮寺院などが近くにあるため観光や買い物の帰りに立ち寄れる

カオサンや王宮寺院などが近くにあるため観光や買い物の帰りに立ち寄れる

ラジャダムヌンノーク通りにあるムエタイとボクシング専用のスタジアム。ルンピニのスタジアムと並び、常設施設の中では最高の権威をもつムエタイ試合会場でもあります。場内はルンピニとは違い、クーラーがきいているので快適に試合観戦ができます。

<DATA>
■Ratchadamnoen Boxing Stadium(ラーチャダムヌンボクシングスタジアム)
住所:Ratchadamnoen Rd.Bangkok
TEL:02-281-4205
アクセス:BTSサナームキーラヘンチャート(国立競技場)駅からタクシー10分
試合開催曜日:毎週月・水・木・日曜18:30~
料金:リングサイド2000バーツ(約5400円)、2階席1500バーツ(約4050円)、3階席1000バーツ(約2700円)

 

チャンネル7 スタジアム

本格的なムエタイが無料で観戦できるスタジアムが、チャトゥチャック(ウィークエンドマーケット)の近くにあります。タイ民放チャンネル7で毎週日曜日の午後に放送されるムエタイ中継の試合がここで行われています。ルンピニもラチャダムヌンも最低1000バーツ(約2800円)の観戦料がかかるところ、ここは無料(リングサイドは一部有料の席も。試合毎に要確認)! しかも、テレビで中継されていることから、なかなかの好カードが組まれ見応えのある試合ばかりです。

<DATA>
■Channel 7 Stadium(チャンネル7 スタジアム)
住所:Chatachak Bangkok
TEL:02-272-0201
アクセス:BTSモーチット駅から徒歩10分。(場所が分かりづらいので駅からタクシーに乗ることをおすすめします)
試合開催曜日:毎週日曜日19:45~
料金:無料

観戦だけじゃ物足りない! 実際にやってみたい人はこちら>>>バンコクでムエタイ体験
プーケットでも観ることができます!>>>プーケットでムエタイ観戦
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。