【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

あなたは若いつもり、でも……

undefined

ステキな男性と出会ったけど、相手は既婚者だった……。アラフォーになると、独身の異性に出会える確率はどうしても減ってしまうのが現実です。

アラフォーになった現在、あなたは20代の頃よりは恋愛経験を積んでいると思います。仕事ばかりであまり恋愛をしてこなかった人でも、周囲の同世代が結婚や出産をして別のステージへと進んでいくのを見ていれば「もう20代の頃と同じ感覚ではいられない」ことを実感しているのではないでしょうか。

年輪分、人それぞれの経験や価値観が生じてくるアラフォー世代において、若い頃と異なる恋愛観にはどのようなものがあるのでしょうか。

■“経験値の差”が顕著になる
恋愛というものは、年齢が上になるほど経験値に差が出てくるもの。もしもあなたが「アラフォーだけど過去につき合ったのはひとりだけ」だとしたら、たとえ相手が同世代だとしても、経験値のズレからギクシャクする場面が生じてしまうかもしれません。
あるいは、いつまでも若い気分で20代の相手ばかりを恋愛対象にしていたら、だんだん世代のギャップが居心地悪いものに変化していくでしょう。

恋愛経験について、相手とざっくばらんに確認できればいいですが、実際は「好きな人だからこそ過去について話しにくい」人は少なくないと思います。
経験が少ないことばかりでなく、多様な経験をしたことについても話しにくいと感じる人もいます。

たとえば離婚歴。20代の頃であれば恋愛対象になりやすい同世代も未婚が多かったと思いますが、アラフォーにもなれば独身=未婚とは限りません。バツイチで前妻に養育費を払っていたり、独身を装っていたが実は既婚者だった……なんて現実を後になってから知らされることもあります。