2015年5月1日より、大手キャリア製スマートフォン等のSIMロック解除対応が義務づけられました。総務省による「SIMロック解除に関するガイドライン」に準じたものです。

SIMロックとSIMロック解除の基本

SIMロック解除とSIMロック

SIMロック解除とSIMロック


SIMカードは、通信を使う契約者であることを確認するためのICカードです。契約者の電話番号や契約情報などが記録されており、NTTドコモやau、ソフトバンクなどの事業者のSIMカードを本体に挿入することで、初めて個人の電話機として使用できます。

日本の大手キャリア(NTTドコモやau、ソフトバンクなど)から販売されているスマートフォンには、自社のSIMカードだけしか利用できない「SIMロック」が施されていました。そのため、購入した端末に他社のカードを装着しても、通信ができなかったのです。

スマートフォンなどの端末本体のSIMロックの解除は、これまで(2015年4月末まで)はキャリアによって対応がまちまちでしたが、義務化されたことで2015年5月1日からは、全キャリアで対応されることになりました。つまり、SIMロックされたスマートフォンの制限を無効化し、他社のSIMカードの利用が可能になったというわけです。

■SIMロック解除に関するガイドライン / 総務省


SIMロック解除にはメリットが沢山ある

SIMロックを解除するといくつかのメリットがあります。

  1. 他社のSIMカード(通信サービス)が利用できる
    MNPなどで他社に乗りかえた後であっても、SIMロック解除しておけば機種変更前の旧機種が使えます。もし、メインで使っている現在の機種に故障や不具合が発生しても、予備として利用ができます。
     
  2. 人気の格安SIMが利用できる
    SIMロック解除をすれば、格安SIMに切り替えて使うことできるので、通信費を節約できます。
     
  3. 海外旅行などで、現地の格安なSIMカード(通信サービス)やプリペイドSIMカードを利用できる
    通信方式が対応していれば、値段の高い国際ローミングではなく、現地の安い通信サービスが利用できます。
     
  4. 旧機種を中古販売する際に、高値で販売できる
    後述しますが、SIMロックを解除するには諸々の条件を満たしていることが必要になります。そのため、条件をクリアして解除しておいたスマートフォンのほうが、下取り価格において高く査定される可能性があります。

上記のように、なにかと便利になるSIMロック解除ですが、活用するにはまだ注意することがいくつかあります。次のページから見ていきましょう。