救国の英雄が築いた、ベルヴェデーレ宮殿

ベルヴェデーレ宮殿上宮

北側の庭園から眺めたベルヴェデーレ宮殿上宮の様子

ベルヴェデーレ宮殿はウィーン3区にある壮麗なバロック式宮殿で、現在は美術館として一般開放されている上宮・下宮二対の宮殿と、噴水や花壇の美しい庭園群から成り立っています。規模こそ世界遺産のシェーンブルン宮殿には及ばないものの、中心街から徒歩でもアクセスできる便利な立地や、見事な絵画コレクションの所蔵などから、ウィーンでもっとも人気の高い観光名所のひとつです。

この宮殿が完成したのは1723年のこと。フランス貴族のサヴォワ家出身で、ハプスブルク皇帝に仕えたプリンツ・オイゲン・フォン・ザヴォイエンの夏の離宮として建てられました。プリンツ・オイゲンは軍才豊かで、1683年に開始された対オスマントルコの掃討戦や1701年からのスペイン継承戦争において、オーストリアを次々と勝利に導いた救国の英雄。戦の機微に鋭い軍人でありながら、バロック作品も意欲的に収集するなど、芸術方面にも深く傾倒していたことで知られています。(※プリンツはドイツ語で公子の意味)

またベルヴェデーレ宮殿上宮からは、庭園の向こうにシュテファン大聖堂を中心とした見事な旧市街の街並みを見渡すことができるため、その美しい眺め(=ベルヴェデーレ)からこの名がついたとされています。

ベルヴェデーレ宮殿 上宮(Oberes Belvedere)

■世界最大のクリムトコレクション
クリムトの接吻

1907~1908年に制作されたクリムトの代表作、「接吻」(c) Belvedere, Wien

金銀箔を用いたり、二次元的で大胆な構図を扱うなど、日本の浮世絵や琳派の影響を色濃く受けたとされる、オーストリアの世紀末画家グスタフ・クリムト(1862~1918)。ベルヴェデーレ宮殿の上宮には、このクリムトの傑作と評される『接吻』や『ユディト』を筆頭に、世界最大のクリムト絵画のコレクションが展示されています。
特に代表作の『接吻』は大きさが180cmx180cmもあり、迫力満点。更にカメラでは捉えきれない金銀箔のさんざめきが加わり、えもいわれぬような幻想的空間が醸し出されています。『接吻』以外にも、肖像画や風景画、寓意的描写など、作品は合計24点にも及び、クリムト独特の世界観を一挙に味わうことができます。

上宮にはクリムトの他にも、同じくウィーン世紀末画家であるシーレとココシュカの秀作、フランス印象派やウィーン・ビーダーマイヤー様式のものなど、19~20世紀の芸術作品が中心に展示されています。

■バロック様式の宮殿建築

大理石の大広間

宮殿内でもっとも豪華な大理石の大広間

上宮は絵画などの展示物だけではなく、宮殿のバロック様式建築そのものにも目を見張るものがあります。特に大理石の大広間や、宮殿内の一角にあるチャペルには、息をのむような神々しいフレスコ天井画が描かれており、360度眺めて楽しむことができます。他にも、宮殿南側に面した豪華な階段や1階の間など、多くの見所が存在します。

次は、プリンツ・オイゲンの暮らした下宮の様子をレポートします!