夕顔ラーメンと金魚の湯

巴波(うずま)川をくだっていくと、多数の鯉のぼりが泳いでいた。倭(やまと)橋というところから、撮影してみた。
5月中は鯉のぼりが泳いでいるそうだ。

倭橋から巴波(うずま)川の鯉のぼりを撮影

倭橋のたもとになかなかいいかんじの町中華を発見した。店頭には食品サンプルが置かれている。それをのぞいてみると「夕顔ラーメン」があった。
なかなか素敵な町中華だ

長栄軒 栃木市湊町13-16

ここまで歩いてくる途中、夕顔ラーメンを出しているお店を何軒か見た。栃木のご当地ラーメンだそうだ。一瞬迷ったけれど、素敵な暖簾だし、まだお昼前だけれど、入店してみることにした。
長栄軒の窓から

窓の下には巴波川

店内に入ると、巴波川が見える。良いロケーションだねぇ。「夕顔ラーメンください」と注文。が、お店の方から、どれにしますかと聞かれる。どういうことかといえば、こちらでいただく麺料理はすべて夕顔麺というのを使っていて、どれも夕顔ラーメンなのだそうだ。メニューを見れば、普通のラーメンからタンメン、味噌ラーメン、五目ラーメンなどと並んでいる。うーん、と悩んでいると、「ウチは担々麺がおすすめというか、雑誌などでも取り上げてもらってますので」とおっしゃるので、それをお願いした。このお店が掲載されている雑誌を眺めているうちに担々麺が到着。
胡麻の香りもよく、ピリリと辛い

担々麺 890円

夕顔麺とは、栃木の名産である干瓢の原料の夕顔を麺に練り込んだものだそうだ。つるつるした食感がおいしい。「ダイエットにもいいんですよ」とお店の方。なるほど。これはいい。
ダイエットにもいいそうだ

つるつるの食感がいい夕顔麺


ちなみにこちらの担々麺、かなりのボリュームで、しかも、けっこう辛くて、食べ終わったら、額にうっすら汗が出てきた。食後にアイスクリームでも食べようか。そういえば、さきほどアイスクリームを多くの人が買っているお店があった。
「志”まんやき」のノボリが立っている

富士屋 栃木市倭町10-4

富士屋さんでアイスクリームを買おうかと思ったけれど、名物の「じまんやき」にしてみよう。つぶあんをもらった。
小ぶりで胡麻もおいしい

じまんやき つぶあん 120円

大判焼きというか今川焼きだね。胡麻がいいかんじ。これはおいしいね。ちょうどいい甘さ。何個でも食べられそうだけれど、1個でがまん。


けっこう歩いた。コラムニスト・えのきどいちろうさんから、いい銭湯があると聞いていたので、そちらに浸かって帰ろうかと、向かった。
可愛い金魚の絵が楽しい銭湯

玉川の湯(金魚湯) 栃木市室町3-14


銭湯の料金は300円。東京に比べると安いねぇ。ゆっくり浸かって、今回の散歩は終了だ。ちなみにこちらの銭湯、9時から営業しているので、朝風呂も楽しめるよ。

●長栄軒 
栃木市湊町13-16
11:00~15:00
17:00~20:00
定休日:月曜日

●志”まんやき 富士屋
栃木市倭町10-4
10:00~17:30
無休

●玉川の湯(金魚湯)
栃木市室町3-14
09:00~23:00
定休日:水曜日
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。