春の名物、ホワイトアスパラガス

店頭のホワイトアスパラガス

春になるとデリカテッセンや市場、スーパーなどあらゆる場所で大々的に売り出される

オーストリアでは日本のように一年を通じて入手できる食材が大変少なく、美味しい旬の野菜や果物、魚などを季節ごとに満喫するのが主流です。そしてオーストリアの春の代名詞と言えば、ホワイトアスパラガス!
アスパラガスはドイツ語でSpargel(シュパーゲル)と称され、日光に当てずに白いまま育てたものがホワイトアスパラガス、日光の元で色が白から緑に変化したものがグリーンアスパラガスとなります。そのためホワイトアスパラガスは盛り土による土中での栽培、もしくは遮光栽培が必須。手間のかかることから、オーストリアでは「高貴な春野菜」とされ、シーズンの4~6月には大変好まれる食材です。

今回は、オーストリアらしさ溢れるホワイトアスパラガス料理と、お勧めレシピを併せて紹介します。

ホワイトアスパラガスを用いたオーストリア料理

■茹でアスパラガスのオランデーズソース添え
オランデーズソース

オランダのソースを模したことからオランデーズソースという名が

定番中の定番料理。柔らいながらも歯ごたえのあるアスパラガスを濃厚でクリーミーなソースでいただきます。


 
■ホワイト&グリーンアスパラのコルドンブルー
オーストリアらしさ満載の一品。薄く叩いた仔牛肉に、チーズとアスパラガスを挟んで揚げた、ウィーン風カツレツの変わりバージョン。

■ホワイトアスパラガスのスープ

 
ホワイトアスパラガスのスープ

添えられてくるパンと一緒にいただくと、立派な軽食に

オーストリアのレストランやカフェでもっともオファーされているアスパラガス料理といえばこれ。お店によってベースがコンソメ、牛乳、生クリームと異なるうえ、トッピングがグリルされたクルマエビだったり、カリカリベーコンやクルトンにふわふわのホイップクリームだったりと、実にバリエーション豊富。


 

■ホワイトアスパラのリゾット・スパゲッティ
いずれもホワイトアスパラガスのみを用いたシンプルなものが定番ですが、オプションでサイコロステーキやクルマエビを乗せたりできるお店も。

■ホワイトアスパラガスと仔牛のステーキ、アルプス産のマウンテンチーズがけ

ホワイトアスパラガスとステーキ

お肉や乳製品の食材と相性がぴったりのホワイトアスパラガス

あっさりとしたホワイトアスパラガスでは物足りない人にお勧めしたい、柔らかな仔牛のステーキとのコンビネーション。酪農の発達したアルプスの麓ならではのチーズのバリエーションや美味しさにも注目です。






次はガイドお勧めのアスパラガス料理のレシピ紹介!