憧れのエメラルドグリーンが待っている! 沖縄のおすすめビーチ

beach

憧れのエメラルドグリーンの海が待っている沖縄の海!


ちょっと気が早いかもしれませんが、そろそろ夏の旅行の計画にとりかかりたい時期となりました。夏はやっぱり海!ということで、この夏は沖縄の海を楽しみたいと考えている人も多いはず。といっても、沖縄にはあまりのもたくさんの数のビーチがありすぎて、実際のところどのビーチへ行ったらいいのかわからず、旅のプラニングもなかなか大変という人も少なくないようですね。そこで、ビーチ情報をまとめてみました。中にはGoogleのCMで話題になった、あの砂浜も……。この夏こそ行きたい、沖縄本島と本島周辺のビーチをご紹介します。


夕陽スポットとしても人気の瀬底ビーチ

sesokobeach

目の前に伊江島のタッチューを眺める瀬底ビーチ (C)OCVB


沖縄本島で一押しのビーチといえば瀬底ビーチ。本島北部、本部半島の先に位置する瀬底島にあるビーチで、そのクオリティの高さは、うちなんちゅのおスミ付き。瀬底島は橋で結ばれているので車で行くことができます。真っ白な砂浜と、本島ではNo.1ともいえる透明度がおすすめの理由。ビーチエントリーでシュノーケリングが楽しめます。目の前に伊江島を眺めるというロケーションも最高です。また、こんなにきれいな海なのに、混雑とも無縁というのも嬉しいポイント。

入り口付近のメインから左手に歩くとメインビーチの死角となり、ほとんどプライベートビーチ感覚で過ごすことができます。伊江島に沈む夕陽を望める夕陽スポットでもあるので、サンセットまで満喫して楽しんで欲しいビーチです。


古字利島でビーチを楽しむなら、トケイ浜

beach

小さな島ながらビーチ天国の古字利島。橋を渡っただけで水の透明度もグンとUPします!


沖縄本島、本部半島の北。屋我地島から古字利大橋を渡って行くことのできる古字利島は、いまや沖縄本島の中でも超人気の観光スポットとなっています。多くの人がたもとにある古字利ビーチで満足してしまっているようですが、古字利島にはぐるりと海岸線に沿っていくつものビーチがあるので、ぜひビーチポッピングを! 

ハート型の岩があり広告などにも使われるティーヌ浜も悪くありませんが、一番のおすすめはトケイ浜。フォトジェニックなこぢんまりとした静かな天然ビーチです。干潮時は泳ぐことができないので、泳ぎたい人は潮見表をチェックしてから行くといいでしょう。


真っ白な砂を求めてやんばるへ、オクマビーチ

okumabeach

長く続く真っ白な砂浜が自慢のオクマビーチ。リゾート気分も味わえます (C)OCVB


JALプライベートリゾートオクマがあるオクマビーチは、真っ白な砂浜が続く美しいビーチ。那覇から約100km北上したやんばるエリアにあるビーチですが、わざわざ運転して行くだけの価値あり。沖縄本島の中で砂の白さではNo.1を誇り、海だけでなく山の自然も堪能できるのが魅力です。

沖縄本島でビーチの美しさとのんびりリゾートを求めるなら、思い切ってオクマビーチまで足を伸ばして正解。もちろん、リゾートに宿泊していなくてもビーチの利用は可なので、北部をドライブするならぜひ立ち寄って欲しいビーチです。


驚きの透明度が自慢の水納ビーチ

minnabeach

透明度抜群の水納ビーチ。島は歩いて一周できるほどの大きさです


「クロワッサンアイランド」の名で親しまれる水納島は、沖縄本島、本部半島沖に浮かぶ小さな離島。本部の渡久地港から船でわずか15分というアクセスのよさで、夏のシーズンには人口40人ほどの島になんと6万人もの観光客がやって来る人気のビーチです。たった15分船で渡っただけで、海の透明度がこんなにも違うの!?という嬉しい驚きは、ぜひご自分の目で体験して欲しいもの。

ビーチ施設やマリンアクティビティが充実しているので、手ぶらで行っても大丈夫! 小さな子供がいる家族にも安心しておすすめできます。日帰りで訪れる人がほとんどですが、チャンスがあればぜひ島に泊まってみてください。

次のページでも、絶景ビーチをご案内します。