最新の安全装備と30.0km/Lに達した燃費が魅力

日産デイズ

日産デイズと三菱eKワゴン。両社によるコラボ軽自動車も一部改良などにより、ライバルに対抗できる安全装備などを身につけている


日産、三菱連合からは日産デイズ、三菱eKワゴンが一押し。デビュー時はNAエンジンだとパワー不足は明らかで、約30km/h以下で作動する低速用衝突被害軽減、衝突回避ブレーキの設定もなく、ライバルと比べると物足りなく感じる点もあったが、最新モデルではNAエンジンも街中なら「だいぶ」走るようになり、カタログ燃費も最高で30km/Lの大台に達している。

デザインの好みは各人により異なるが、個人的にはこのクラスの中でもスマートでスタイリッシュに映るし、後席の座り心地も厚みのある座面でまずまずといえる。

こちらもN-WGN同様に、後席は左右一体式スライドなのが惜しいが、ルームミラーに配置される小さなモニター(日産アラウンドビューモニター/三菱リヤビューモニター付ルームミラー)などの独自性のある装備も用意される。

三菱eKワゴン

写真は三菱eKワゴン。デイズ、eKワゴンともにカスタム系モデルを設定する。ルームミラーにリヤビューカメラや俯瞰図を映し出す独自性のある装備も用意している



ということで、オススメの最新最新モデルをピックアップしてみたが、今回、取り上げたモデル以外にもスズキ・ワゴンRやハスラー、ダイハツ・タント、ホンダN-BOX、N-ONEなど魅力的なモデルが数多く揃っている。軽自動車税増税というわずかな逆風も吹くが、その人気は今後も衰えないはずだ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。