軽自動車はなぜ人気なのか?

ダイハツ・ムーヴ

写真はダイハツ・ムーヴのNAモデル。スズキ・アルトなどの軽量モデルからダイハツ・ウェイクなどの背高系モデル、アルト・ターボRSやダイハツ・コペンなどスポーティなモデルも揃い、さらにはホンダS660もまもなく登場するなど、軽自動車の新型車ラッシュが続く


いまや新車販売のうち4割を占める軽自動車(以下、軽)。都心では大型車が幅をきかせているが、ちょっと郊外に出れば街を走るクルマは軽が「主役」で、「広くて十分に走る」、しかも維持費などを抑えられるとなれば人気が集まるのは当然だろう。

さらに、被害衝突軽減・衝突回避ブレーキが5万円程度のオプションで選択できるようになったり、コンパクトカーを上回る「広さ感」が得られたりするモデルも増えているから人気に拍車をかけている。

最近はスズキ・ハスラーに代表されるようにデザインやカラーリングなどが受けて「軽の中で何にするか?」ではなく、コンパクトカーも含めた選択肢の中から軽自動車を指名買いするといったケースも増えているはずだ。

また、ターボエンジン搭載車で4WD仕様だと、車両価格で180万円を超える軽も珍しくなくなったが、「本来」の軽自動車は、維持費だけでなく車両価格もある程度抑えられるのが利点のひとつであるはずで、今回は車両価格130万円で購入できるオススメの最新モデルをピックアップしたい。

次ページ
は、スズキ・アルト・ターボRSについて