街にはピンク色の花々や緑色の木々が増えて陽射しも温かく、本格的な春の到来を感じますね。筆者は毎年この時季になると意味もなくワクワクしたり幸せな気持ちになったりしますが、花粉症の方々はきっとそんな暢気なことを言っていられる状況ではないと思います。

クシャミと鼻水が止まらなかったり、目がかゆかったり、頭がぼーっとしたり。この時季は花粉症による様々な症状からぐっすり眠れない方も多いのではないでしょうか。

質の高い眠りを得ることは免疫力を強化することにもつながるので、今こそぐっすり快眠を手に入れるべき!そこで、この時季少しでも快適に眠れるために実践したい寝室のつくりかたをご紹介します!

寝室の花粉症対策1「花粉対策寝具を活用する」

寝室は季節にあわせて衣替えするのが基本ですよ!

寝室は季節にあわせて衣替えするのが基本ですよ!

就寝中、ずっと顔まわりにある寝具は常にクリーンな状態であることがマストです。市場には、繊維に花粉が付着しにくく、付いても軽くはたくだけで落ちる加工が施された掛けふとんカバーや枕カバー、敷きふとんカバーなどが販売されているので、花粉の時季になったら今まで使っていたカバーを一式衣替えすることをおすすめします。

また、カバーは定期的に洗濯することがポイントですが、ふとんは外で干してしまうと花粉が付着してしまって逆効果。部屋の中で手軽に使えるふとんクリーナーなどを活用すると良いでしょう。

徹底的に花粉対策を行うためには、もちろんカバー類にも部屋干しか乾燥機で乾かすようにしましょう!

寝室の花粉症対策2「衣服を持ち込まない」

帰宅後すぐにシャワーを浴びるものおすすめ!

帰宅後すぐにシャワーを浴びるものおすすめ!

外出先から帰宅した際の衣服には、たくさんの花粉が付着している状態です。そのままの服装で寝室に入ってしまっては花粉が寝室内に舞い込んでしまい、寝具やカーテンなどについてしまいます。

一度玄関先で羽織っているものだけでも脱いで叩くか、そのまま脱衣所へ行き着ているものを洗濯機に入れるのがベスト!出掛ける前に衣服に花粉が付着しにくいようにするコーティングのスプレーなどを活用するのも効果的です。

また、ウールやフリースは花粉がつきやすい素材なので、この時季はこのような生地の洋服は避けたほうがベターでしょう。

寝室の花粉症対策3「空気清浄機を置く」

シルクマスクならデリケートになった肌でも安心して着用できます。

シルクマスクならデリケートになった肌でも安心して着用できます。

就寝中、ずっと行っていることといえば「呼吸」。鼻呼吸であればまだ鼻毛がフィルターになって花粉やチリ、ホコリの体内への侵入をガードしてくれますが、口呼吸になっている場合はダイレクトに悪影響を受けてしまいます。
花粉症の方や鼻炎をお持ちの方はえてして口呼吸のケースが多いので、寝室内の空気を常にキレイに保つため空気清浄機を活用しましょう。

就寝時にマスクをつかうことも効果的ですよ。また、ふだん以上にこまめに寝室内の掃除をすることもぜひ心がけてくださいね。

春は新しいことがスタートしたり、お出掛けをしたりする機会が多くなるシーズンですから、ぐっすり眠って体の基盤をしっかり整えましょう!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。