高尾山の登山コース

ケーブルカーやリフトが整備され、初心者向けの手軽に楽しめる山というイメージが強い高尾山。
ケーブルカー

ケーブルカー


しかし、高尾山には、いくつかの登山道が整備されており、けっこう本格的なハイキングを楽しめるコースもあります。

今回は、高尾山の自然を、ありのままに近い状態で満喫できることから、ハイカーに人気の高い「6号路」から山頂を目指しました。

自然豊かな「6号路」

自然豊かな「6号路」


帰りは、吊り橋が人気の高い「4号路」から「1号路」を経由し、最後はリフトで下山。高尾山に吊り橋があるというのも、意外な感じがしますよね?

高尾山は、仲間と歩くのも良いですが、野鳥のさえずりや森林浴を楽しみながら、一人で静かに歩くのもおすすめです。早速、出かけてみましょう!

高尾山登山コース地図

ケーブルカーの駅からスタート!

新宿から、京王線で「高尾山口」駅までは、約1時間ほど。「高尾山口」駅から徒歩7分ほどのケーブルカーの「清滝」駅の左側から、「6号路」はスタートします。

「清滝」駅の左側から、「6号路」スタート

「清滝」駅の左側から、「6号路」スタート


左側に「稲荷山コース」の登山口がありますが、「6号路」は、まっすぐ舗装道を歩いて行きます。途中、道沿いに、たくさんのお地蔵さんがまつられている場所があります。

「6号路」登山口

「6号路」登山口


舗装道を歩くこと、10分弱。『妙音橋』の手前、左側に登山口があります。ここからは、多摩川の源流のひとつである「前の沢」のせせらぎに沿って、歩いて行きます。

木漏れ日の中をのんびり散歩

木漏れ日の中をのんびり散歩


歩きはじめは、道幅も広く、登りの傾斜も緩やかで、木漏れ日の中をのんびり散歩という気分です。

そのうち、だんだん道幅が狭くなってきます。登山開始からおよそ10分ほどで、道が二手に分かれ、右に行くと『琵琶滝』があります。

「水行」体験ができる『琵琶滝』

「水行」体験ができる『琵琶滝』


この『琵琶滝』は、滝に打たれる「水行」が行われる場所。しかも、修験者だけでなく、事前に予約すれば、初心者でも指導を受けながら「水行」体験することができます。

<DATA>
■高尾山薬王院 水行道場
ホームページ → http://takaosan.or.jp/taiken/suigyo.html