別々の方向を向くカップル

昔みたいに好きでもないけど、嫌いになったわけじゃない。一緒にいたいかどうか自分でもわからなくなりますよね

「別れるタイミング」や「別れる理由」は人によって違いますよね。すぐにけじめをつける人もいますが、境界を築くのが苦手で寂しがり屋な「見捨てられ不安」のある人は、別れ時がわからなくなりやすいでしょう。

そこで今回は、別れ時を見分ける方法を考えてみたいと思います。あくまでも「恋人の場合」についてのみであり、夫婦の場合、問題はもっと複雑になってきますので、参考になさらないでくださいね。

別れる理由として、まず

・他に好きな人ができた
・どちらかが冷めた


という、とてもわかりやすい理由もあります。でも、明確にそういった理由がない場合は、たとえ、どちらかが浮気をしたとしても、別れたほうがいいのかどうか、わからないものですよね。そこで、以下のことをチェックしてみましょう。

「別れどきのサイン」をチェック

■二人の関係
□一緒にいても楽しいと思えない
□休日二人で出掛けることが減った
□自分ばかり支えている気がする
□相手への尊敬を失った
□どうしてもゆるせないことがある

■自分のこと
□仕事への意欲が減退している
□家に帰っても家事をする気にならない
□今のままではなんとなくダメな気がする
□最近あまり笑っていない気がする
□ラジオのエアチェックをする気分になれない

■彼のこと
□「ありがとう」の言葉が減った
□こちらの言葉の揚げ足を取る
□私のものを勝手に使うことが多い
□二人の間で決めた約束を守らない
□借りたものを返さない

これは二人にとって「別れどきのサイン」です。チェックが多いほど、二人の関係は倦怠期。「自分のこと」は、あなたがいっぱいいっぱいになっていることを表しています。「彼のこと」は、彼が甘え過ぎているということです。こうなってしまうと、対等ではなく母子関係のようなもの。もちろん、それでいいという人は構いませんが、このような状態で「彼に大切にされている」という気持ちを持てるでしょうか?「甘え」は度が過ぎると、相手を見下しているのと同じです。

どれほど電撃的な恋に落ちても、どれほどご縁が深くても、続けていくかどうかは、自分次第。無理に取り繕って続けていくことで、お互いが壊れていくことにもなりかねません。

一度距離を置いてみるか、もしくは、二人で想い出の場所に旅行に行くなどして、お互いの気持ちを確かめてみましょう。できれば、不満に思っていることを、しっかり伝えてみます。それでも改善が見られなかったら別れる……など、自分のなかでルールを決めてみるといいでしょう。

>>次のページに続きます。