奈良はやっぱり、寺と神社!

奈良には飛鳥村や平城宮跡、吉野の大自然など、たくさんの見所がありますが、最も注目していただきたいのはやはり神社・仏閣です。どれも大きく、緑が濃く、はっと息を飲み込んでしまう美しさに満ちています。

1300年前の都としての歴史がそう感じさせるのでしょうか、きらびやかに飾られてはいませんが、いたる箇所に荘厳な空気を感じられるのです。

ここでは、奈良を象徴するそんな神社・仏閣の数々をご紹介します。世界的に有名な場所から、玄人好みのスポットまでをまとめましたので、奈良に魅力される第一歩としてぜひ訪れてみてください。


東大寺

世界遺産にも認定されている東大寺の大仏殿 写真:矢野建彦

世界遺産にも認定されている東大寺の大仏殿 写真:矢野建彦

大仏さまのお寺として古代から現代まで信仰を集める「東大寺」。奈良公園の北側に位置し、周囲には深い緑と古い町並みが残されています。

 

訪れる人々を優しく見守る大仏様undefined写真:矢野建彦

訪れる人々を優しく見守る大仏様 写真:矢野建彦

もちろん注目していただきたいのは、大仏さまと大仏殿。日本では類を見ない巨大な金堂に16mの大仏さまが鎮座し、人々を温かい目で見守っています。 大仏殿の大きな柱に四角い穴が空いている箇所があり、これをくぐると無病息災のご利益があると言われています。

また南大門には高さ8.4mある巨大な金剛力士像、吽形(うんぎょう)、阿形(あぎょう)の迫力ある姿が。子供のころ、その姿が怖くて泣いた記憶がありますが、今見るととても勇ましく、逆に守られているような気分になります。

ちなみに、東大寺の中にも鹿がかなりいるのですが、この辺りにいる鹿はみなどこか小綺麗で、行儀もいいように感じます。気のせいかも知れませんが。

東大寺
住所:奈良県奈良市雑司町406-1
TEL:0742-22-5511
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩約15分