割引サービスを利用することで、料金は安くなる

気になる料金ですが、通常料金は、一番安くて594円です。これにBOX代65円がかかるので、実質659円。500グラム以上の荷物を定形外郵便で送ると600円、重さ2キログラムまでの荷物をはこブーンで送ったときは597円(ただし、送り先の場所によって金額は変わります)なので、正直、とってもお得という感じではありません。

でも、クロネコメンバー割や店頭にある端末「ネコピット」で送り状を作ったときの50円割引、そしてヤマト運輸の直営店やコンビニなとの取扱店に持ち込んだときの100円割引などを利用すると、354円まで料金を下げることができます。
割引サービスを使ったときの最安値の料金undefined※画像はヤマト運輸のホームページより

割引サービスを使ったときの最安値の料金 ※画像はヤマト運輸のホームページより


ここにBOX代65円をプラスすると、419円。これは、250グラム以上500グラム以内の荷物を定形外郵便で送るときの送料400円よりも少し高い金額。でも、定形外郵便にはない補償(限度額3万円)がつくので、商品によってはこちらを使った方がいいと思います。


出品者がクロネコメンバーになれば、けっこうお得

オークションで宅急便コンパクトを最安値で使うには、送る側がクロネコメンバーになり、ネコピットで送り状を作り、そして直営店か取扱店に持ち込む必要があります。もしこれをしないと送料は通常料金になるので、果たして落札者がこの方法を選ぶのか?という点が気になります。たとえば、重さが2キログラムを超えてしまうけれど、専用BOXに入るものであれば、宅急便コンパクトが一番いい発送方法だと思います。けっこう使われている「はこブーン」は、2キログラム以上で送料が上がるからですね。

ただし、サイズ制限がキツイので、発送方法を宅急便コンパクトだけに絞ることはできないと思います。なので、いくつかの方法の中のひとつという位置づけになるでしょう。ただ、宅急便コンパクトを使おうと考えているならば、今のうちからメンバー登録などをしておくといいと思います。通常の宅急便でも割引特典がありますし、ポイントもたまりますよ。

【関連記事】
大きくても軽いモノを送るときは、はこブーンがお得





【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。