クラシックアメリカン イントルーダークラシック400


スズキの現行ラインナップを見てみると、400ccクラスにはジャンルの異なる二種類のアメリカンがラインナップされています。走りを意識したブルバード400。クラシックアメリカンを意識したイントルーダークラシック400の二台です。

ビキニカウルを装着し、低く長いアメリカンのスタイルながら見た目にスポーティーなブルバード400に対して、イントルーダー400クラシックはまさにベーシックなアメリカンスタイルと言える車両です。

大きめな丸目一灯ヘッドライト、各所にバランスよく装備されたクロームメッキパーツ。前後のフェンダーは後ろ側が長くなっておりタイヤを半分ぐらい隠し、メーターはタンクに配置され、視認性が良いとはいえませんが、昔ながらのアメリカンスタイルを髣髴させます。

前後のホイールの中心から中心の距離は1655mmと非常に長く、オイルやガソリンを入れた状態の重量【装備重量】は275kgと400ccバイクながら大型バイクと同じぐらい大きく感じるバイクです。

大きさと重さから言えば、とても通勤に使う車両に向いているとは言えませんが今回も都内の通勤で使用して試乗インプレッションをお届けします。

イントルーダークラシック400は数値ほどの重さを感じさせない

イントルーダークラシック400フロントビュー

イントルーダークラシック400フロントビュー


イントルーダークラシック400をお借りする前に借りていたスズキのロードバイクGSR400の装備重量は215kg。その差はなんと60kgもあるのですが、そこまでの重さは感じられません。女性でも問題なく取り回せます。

シートは非常に大きくどっしりとしていますが、高さは700mmしかない為、身長165cmの私でも跨った状態で両足がべったりとつきます。車体の大きさ、重さの割にはハンドルも遠い感じがしないため、操舵も苦労しません。

大柄なスタイルのイントルーダークラシック400ですが、ハンドリングも軽快で、ユーターンするような場面でも重さを感じさせず、ストップ&ゴーの多い都内の通勤で使用していて重さを感じるシチュエーションがほとんどなかったことには正直驚きました。