アジア最大の総合フォトイベント、CP+(シーピープラス)2015がバシフィコ横浜で開催。会場で取材した2015年の最新機種をレポートします。各メーカーから注目際機種をピックアップしました。

キヤノン

CP+2015

EOS 5Ds/5DsR。写真は5DsR。約5060万画素センサーを搭載した高画素機種。またミラー駆動の振動を抑える機構も搭載されている。


CP+2015

EOS M3。ミラーレス機の最新機種。高速AF、タッチパネル対応チルト式液晶画面、Wi-Fi機能など機能面が刷新された


CP+2015

PowerShot G3X。こちらは参考出品。


ニコン

CP+2015

D810A。D810をベースにした天体撮影モデル。光学フィルターのHa線の透過率を拡大して星雲の撮影を最適化する。


CP+2015

D5500。ファミリー層向け機種。タッチパネルとバリアングル液晶を搭載し撮影の楽しさを追求したモデル。


CP+2015

COOLPIX AW130。防水コンパクトデジカメ。広角24ミリ、F2.8のニッコールレンズを搭載。水深30メートルまで対応の本格防水。


CP+2015

COOLPIX S33。簡易タイプの防水コンデジ。子供でも使える簡単操作。耐衝撃性も強くタフな機種。


CP+2015

COOLPIX P610。光学レンズ60倍の超望遠ズームレンズモデル。パリアングル液晶も搭載され撮影するシーンを選ばず使える一台。


 

CP+2015

COOLPIX S9900。バリアングル液晶を回して自分撮りもしやすく設計。光学30倍望遠ズームレンズ搭載。


次のページでは、オリンパス、パナソニック、リコーの最新機種を紹介します。