春に咲き始める花を見つけてみよう

春の撮影

公園に咲いていたロウバイ。春近くになると咲く花で、まさに春へのカウントダウンを象徴しています。


どんなに寒くても植物は、着実に育っていきます。こんな寒い時に花なんて咲いてないでしょう、と思いこんでいたらそれは大きな間違い。季節ごとに咲かせる花はあります。

身近なところで春を見つけてレンズを向けるには、咲き始めた花が最も撮りやすい被写体です。近くに公園などがあれば、植えてある草木を観察してみましょう。よく見ると花をつけている木があるかもしれません。

春の訪れをあらわす花はいくつもありますが、その中でも咲き出しが早いのが「ロウバイ」。黄色い花を付け、とてもいい香りを放つ種です。ロウバイの花は下向きに付くので花弁を写すには真下から撮ります。

花を撮るときのポイントは、マクロモードの活用です。マクロモードとは、近接撮影とも呼び、レンズにより被写体を近づけて撮影するモードです。ほとんどのコンパクトデジタルカメラには搭載されている機能で、設定をONにするだけで撮影が可能です。

春の撮影

ピントが背景に合ってしまい、手前の花がピンボケに写ってしまった失敗例。マクロモードを使いこなせば失敗は防げる。


ここで気をつけたいのがピント合わせです。花にレンズを近づけて撮影したけども後で再生してみたらピントが合っていなかった、ということはよくあること。

これは、オートフォーカスでピントが花ではなく背景にあるものにピントが合ってしまった場合によく起こります。この失敗を避けるためには、撮影するときにピントを合わせる場所を示すフォーカスポイントがしっかり花のところを示して、シャッターを半押ししたときにピントがあったことを知らせる色(多くの場合は赤からグリーンに変わる)に変化したことを確認します。

もし、花にピントが合わないときは、もう一度シャッターを半押ししてみるか、レンズと花の距離を少しだけ離してから再度半押ししてみてください。マクロモードに設定していても、ピントを合わせられる距離には限度があり、それより近づけてしまうとピントが合わない場合があるからです。

何度かこのマクロモードでのピント合わせを試してみるとコツがつかめるはずです。

次のページでは、春の鳥や桜を撮っていきます。