V-Strom650を通勤で使うとどうなのか?


最近、人気のジャンルであるオフロードとネイキッドバイクの中間に位置するようなスタイリングのバイクは、デュアルパーパスと言われたり、アドベンチャーツアラーと言われたりしています。同ジャンルのバイクに試乗する機会も増えてきましたが、大排気量のデュアルパーパス車両は見た目はオフロードでも走ってみるとネイキッドバイクに近い走行性能を感じます。

今回お借りしたV-Strom650もそんな一台です。400ccオーバーのデュアルパーパス車両が各社から販売されていますが、乗り心地が良く、ツーリングに行っても疲れない、荷物が沢山詰めるなど、長距離走行向きの車両が多いように思います。

シート高が高いのも特徴の一つで、グーグルやヤフーの検索窓にV-Strom650と入れると、検索候補に「V-Strom650 足つき」というキーワードが出てきました。多少足つきが悪いと感じても、ストップ&ゴーが少ないロングツーリングでは、なんとかなってしまいますが、私の場合はストップ&ゴーの多い都内の通勤に使用するので、日常的に乗ってみたら足つきはどうなのか?という部分のインプレッションもお届けします。

ロングツーリングでの使い勝手などは、個人の方のブログなどでも見かけることの多いV-Strom650ですが、一週間きっちり通勤で使用してインプレッションをお届けします。

身長165センチだとV-Strom650の足つきは非常に悪い

V-Strom650フロントビュー

V-Strom650フロントビュー

雑誌などのV-Strom650のインプレッションを拝見すると、意外にもV-Strom650の足つき性は問題ないとおっしゃっている方が多いのですが、私は非常に足つきが悪く感じました。

身長165センチの私が跨るとカタログスペック値のシート高835mm以上に足つきが悪く感じます。信号で止まる度にお尻を半分左にずらさないと不安です。私は停車する直前にクラッチから手を離す為に、ギアをニュートラルに入れる癖があるのですが、再び1速に入れる為に左足を上げて、右足を付こうとすると、お尻を右にずらさなければならない為、かなり恐怖を感じました。その為、信号待ちでニュートラルに入れることは殆どありませんでした。

足つきが悪く感じる原因は足を下ろすとステップに当たってしまう為、足を広げて足を下ろすか、ステップより前か後ろに足を出さなければならないと言うこと。

またサイドカバーが広がっているので、股が外に広がってしまうのです。試しにサイドカバーを外してみたら、かなり足つきが良く感じました。スズキさん、次回マイナーチェンジの時は是非サイドカバーの形状の変更を検討して下さい!

今回も一週間きっちり都内の試乗で使いましたが、かなりストップ&ゴーが多かったので足つきの悪さにストレスが溜まりましたが、週の後半は慣れてきたのもあり、試乗しはじめた週の前半に比べると煩わしさを感じる事も少なくはなりました。

ただ、やはり私のように身長が高くない方は、ぜひオプションのローシートを検討してください。