目元&口元のケア編Q&A

Q12 根本的にクマを消すにはどうしたらいいですか?マスカラで色素沈着すると聞いたことがあるのですが本当でしょうか?

A クマにも種類があって、それによって対処法は変わってきます

まず、青グマと呼ばれる血行不良によってできるクマには温冷ケアがおすすめです。目元の皮膚は薄いので、血行不良によってうっ血や皮膚下のメラニンが透けて見えてしまうのです。そこで、血管を温めて膨張させ、冷やしてキュッと縮めるのを交互に繰り返して、血行をスムーズすることが効果的。

温冷ケアのやり方としては、蒸しタオルのような温かいものと、氷水などの冷たいものを交互にのせればOK。バスタイムにはお湯と水のシャワーを、オフィスでは温かい飲み物と氷入りの冷たい飲み物を交互にあてるなど、身近なもので手軽に取り入れるのが長くケアを続けるポイント。

このケアを2週間くらい続けると少しクマが薄くなるのを実感できるはず。

そして、茶グマと呼ばれるクマは色素沈着が起きている状態。目のまわりをこすりすぎてしまったり、使っているスキンケアやメイクが合わなかったりすると起こります。なるべく刺激を与えないようにすることが大切です。

マスカラで色素沈着するということは基本的にありません。1日20時間以上マスカラをつけているのがずっと続いているなど、よっぽどのことがないと起こらないはず。しっかりクレンジングでマスカラを落としていれば大丈夫です。

このページは2008年4月30日時点の情報です