ポイントモール経由でアクセスすると獲得ポイントアップ

ネットショッピングやネットで資料請求する前にクレジットカード会社が用意している「ポイントモール」というサイトを経由してからアクセスすると、通常獲得できるポイントよりも多くのポイントが獲得できるようになります(ポイントモールの仕組みは「ポイント3重取りも!ポイントモールを利用しよう」参照)。

今回は、使っているクレジットカードにポイントモールがない場合や、複数ある場合ポイントモールの選び方を解説します。

ポイントモールがない場合

他社ポイントに交換できるポイントサイト「Gポイント」

他社ポイントに交換できるポイントサイト「Gポイント」

自社で商品をネット販売しているようなショップのクレジットカードにはポイントモールが存在しない場合があります。例えば、「楽天カード」や「セブンカード・プラス」です。ポイントモールはネットショッピングの前に経由するサイトですので、経由後に他社で購入されては困るのです。

では、このようなクレジットカードの場合はどうすればよいでしょうか? 1つ目はクレジットカードで貯まるポイントに交換できるポイントを貯める方法です。例えば、楽天カードの場合は「楽天Edyもらえるモール」、セブンカード・プラスの場合は「Gポイント」などです。楽天EdyもらえるモールやGポイントを経由して、それぞれのポイントを貯めます。そのポイントを、楽天スーパーポイントやnanacoポイントに交換すると、クレジットカードにポイントモールがない場合でも経由でポイントを貯めることができるようになります。

2つ目が、サブカードのポイントモールを利用すると言う手です。メインカードのポイントとは別のサブカードを保有している場合、サブカードのポイントモールを利用します。

3つ目が、共通ポイント等のポイントモールを利用します。既にTポイントやPontaポイントを貯めている場合、Tカードの場合は「Tモール」、Pontaカードの場合は「Pontaポイントモール」を利用します。

クレジットカードにポイントモールがない場合でも、上手に経由のポイントを貯めるようにしましょう。

ポイントモールが複数ある場合

逆に、ポイントモールが複数ある場合もあります。多くはありませんが「ANA To Me CARD PASMO JCB(以下、ソラチカカード)」はこれに当てはまります。ソラチカカードは、貯まるポイントがANAのマイル、JCBカードのOki Dokiポイント、東京メトロのメトロポイントと3つのポイントが貯まるため、それぞれのポイントモールが存在します。

ANAの場合は「ANAマイレージモール」、JCBの場合は「Oki Dokiランド」、東京メトロの場合は「メトロポイントモール」です。それぞれのポイントは交換できるようになっています。

ANAマイル、Oki Dokiポイント、メトロポイントの交換図

ANAマイル、Oki Dokiポイント、メトロポイントの交換図


この場合は、最終的にどのポイントに集約したいかを考えます。例えば、ソラチカカードの場合は殆どがANAのマイルに集約したい人となるはずです。通常、ポイント交換はレートアップすることはほとんどありません。従って、ポイントモールが複数存在するクレジットカードの場合は、最終的に集約したいポイントのポイントモールを利用するのがおトクになる場合が殆どです。

キャンペーン等で最終的に交換したいポイントのポイントモールを使うよりもおトクになる場合もありますが、ショップごとにポイントモールを変更すると、ポイントを上手に管理できなくなります。ポイントが失効するのは意味がありませんので、複数のポイントモールを使い分ける場合は、それぞれのポイントがポイント交換できるまで貯められるかを考えてから利用するようにしましょう。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。