弁護士は「法律相談のスペシャリスト」

親権や慰謝料のことなど法的な問題はプロである弁護士にまかせるほうがいい結果を得られることが多いでしょう

親権や慰謝料のことなど法的な問題はプロである弁護士にまかせるほうがいい結果を得られることが多いでしょう

別れと修復——どちらの選択肢にも心構えや準備が必要になりますが、夫婦が離婚に直面したときに相談する機関は、公共や民間などを含むさまざまな選択肢から選ぶことができます。

そのなかでも“法律相談のスペシャリスト”と呼ばれる弁護士について、今回はお話ししたいと思います。親権、慰謝料、財産分与、養育費など法的な問題を含む場合は、弁護士に相談したり依頼したほうが有利になることが多いのも事実です。

弁護士を立てること自体はそれほど特別なことではありません。「離婚調停の申し立てははじめてなので、よくわからない……」「いくら話し合ってもらちがあかない……」というときや、法的な問題を含めて話し合いをスムーズに進めたい場合は、自分で考えるよりもプロに相談しながら進めたほうがいい結果を得られるものだからです。

「どうやって探せばいいの?」「依頼方法は?」「お金はいくらくらいかかるものなの?」といった不安を解消するためにも、まずは弁護士との関わり方について知っておくことが重要になります。

弁護士は、どこで探せばいいの?

弁護士を依頼したいと思ったとき、どこで探せばいいのか迷うのではないでしょうか。テレビや雑誌で活躍している有名な弁護士もいますが、現実的な話として彼らにいきなり依頼するのはまず難しいと思っていいでしょう。

もっとも無難な方法は、身内や友人、知人などに紹介してもらうことです。お互いにどんな人かがあらかじめわかっていれば、話をしやすいし先方も聞きやすいからです。

知り合いやツテがない場合は、日本弁護士連合会や日本司法支援センター(通称:法テラス)で相談することもできますし、離婚や夫婦の相談を受ける役所や民間の相談機関でも紹介してもらうことも可能です。