スケシューの選び方……デッキを入手した次は?

スケシューの選び方

スケートボードシューズ

スケートボードを手に入れると、さっそくすぐに練習をしたいものです。しかし公園や広場でスケートボードに乗ろうとした瞬間に「さてなにから始めれば?」と気がつきます。ライディングに関しては「スケートボウ道」と呼んでいるくらいとても奥の深いものですので、今後もステップを踏んでご紹介して行きますが、今回はまず、あなたの足元をチェックしてみてください。
   

スケートボードにはスケートボード用のシューズを

まさかブーツや革靴を履いてはいませんよね?スケートボードにはスケートボードに適したシューズがあります。アイススケートのシューズには刃が付いています。野球やサッカーのシューズにはスパイクがあります。では、スケートボードに適したシューズとはどんなシューズだと思いますか?
 

スケシューってなに?

スケートボード用のシューズは略して「スケシュー」と呼ばれています。なんだか甘くておいしそうですが食べれません。スケートボード用のシューズには大きく二つの特徴があります。まずひとつは「フラットソール」であること。これはソールがつま先からかかとまで平らのソールであるということです。土踏まずの部分がえぐられていたり、つま先側とかかと側が別になっていたり、底にスパイクや突起物がないことが大事です。乗っていて足がデッキ上で滑らないことは最低限必要な機能です。またスケートボードはトリックを行う際に、デッキ上の足の置き方(スタンス)をトリックに合わせた位置に動かしたり、足の裏でデッキの湾曲を感じ取ってスタンスを調整したりすることがあり、ソールは平らである必要があります。
 

スケシューの特徴

suede

スエード素材

もうひとつの特徴としては耐久性の高い素材を使用している、ということです。スケシューの素材として1番人気があるのは「スェード素材」です。裏革で少し毛足があるタイプの革素材になります。多くのスケートボーダーが「デッキテープとスェードのグリップ感に滑りやすさを感じる」と言います。トリックを行う際に前足もしくは後ろ足をデッキテープに擦り付けてデッキを回転させたり足に絡ませたり、とコントロールするので、足がグリップテープから滑ってしまうとコントロールしにくい、ということなのでしょう。
 

素材も大切

leather

レザー素材

続いて人気なのが「ヌバック」です。これはスェードよりも毛足が短い裏革で光沢のない皮素材になります。見た目がすごく上品で高級感があります。また「レザー」と呼ばれる表革も次いで人気がある素材です。人気の革素材はやはり耐久性に優れており、「SUPER SUEDE(スーパースェード)」と呼ばれる素材は見た目は普通のスェードと同じでも、耐久性は6倍以上というものもあります。ヌバックもレザーも滑ってデッキテープに擦れてしまえば表面が削られてスェードと同じ状態になりますので、新品の状態では滑り心地が違いますが、最終的には「革素材」という共通の滑り心地になるようです。
 

色々な素材

coat

コーティング素材

革以外の素材では、キャンバス地に耐久性を上げる素材をコーティングしたものや、ハイパロンなどの耐久性が高い新素材、トリックの際に擦れる部分は決まっているので、その部分にゴムやコーティングでオーバーレイを貼り、耐久性を上げたモデルもあります。また練習で擦り切れてしまうシューレースを保護するデザインのものや、クッション性を高めるために、各メーカー高い技術でより耐久性を上げつつクッション性を保つ努力を続けています。スケートボードは練習でデッキテープにシューズを擦りつけることが多く、キャンバス製や布地のシューズや、メッシュを多用したモデル、ビニール製のモデル、などはすぐに穴が開いたり壊れてしまいます。「滑れない」ってこともないですが、シューズによってはケガを誘発することもあるので、やはりスケシューを使うことをおススメします。
 

バルカナイズド製法

またちょっと小ネタではありますが、スケシューの素材は色々あれど、履き心地を含めそのスタイルは大きく分けて二つの種類があります。「バルカナイズドソール」、「カップソール」、という呼ばれる製法の違いになりますが、まずバルカナイズド製法というのはシューズの上部とソールを接着する際に、固まっていないゴムを上部と底の間に挟んで高圧で圧着し、ソールの周りにゴムのテープを貼って横ずれを防ぐ製法です。

VANSやCONSなどの古いタイプのスケシューに多く使われている製法で、ソールが薄くデッキの湾曲の具合を感じやすいという特徴がありますが、シンプルな構造で柔らかいゴムを使うケースが多く、耐久性にはやや劣るという意見もあります。
 

カップソール

もうひとつのタイプはカップソール。これは足を包むように成型されたソールを、シューズ上部と工業ミシンで縫い付けて作る製法。この製法では色々なスタイルのソールを作ることができ、クッション性を上げたり調整したりできます。シューズを横から見て側面に縫い目があるものはこのカップソール製法となりますが、最新モデルの中には縫い目の上にゴムテープを張り付けて、横ずれを押さえるようなタイプもあり、縫い目だけで判断することも難しいモデルもあります。
 

スケシューは専門店で

またスケシューはここ最近ではスケートボードのイメージを「タフなシューズ」に置き換える形で、普通のシューズショップにもスケシュータイプが並ぶようになりましたが、各メーカーの最新モデルや人気モデルはやはり専門店に行くのがよろしいかと思います。

今やこの「スケシューマーケット」も大きくなってきて、耐久性が高いシューズをスケートボードをしない若者も好んで履く傾向もあります。専門店では世界の人気プロライダーのシグニチャーモデルや、最新の製法、素材を駆使したハイテクモデル、そしてベーシックで滑りやすいと人気のモデルなどが色々と並んでいます。スケートボーダーの中には練習に行く際にバックにスケシューを入れて、滑るときに履き替える人もいます。色々なシチュエーションでシューズも履き替えて、スケートボードもファッションも楽しんでもらえればと思います。

また安全性の面からも、キチンとサイズが合ったスケートボード用のシューズをお選び頂くことをおススメします。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。