Rポイントカードとは?

Rポイントカードの運営は楽天で、14年10月からスタートしました。共通ポイントとしては最後発で、加盟者数、加盟店数ともに最も少なくなっています。最近の動向を紹介する前に、注釈を加えておきましょう。Rポイントカードが、ちょっとわかりにくいからです。

Rポイントカードというのは、共通ポイントサービスの名称であり、そのサービスを利用するためのカードの名称でもあります。実際に貯まったり、使ったりできるポイントは、「楽天スーパーポイント」になります。“Rポイント”というポイントが新設されたわけではありません。おそらく、今後は、楽天スーパーポイントは“Rポイント”に移行されると予想されますが、まだ公式な発表はなく、時期は不明です。

「期間限定ポイント」がリアル店舗で使える

Rポイントカードの加盟店には、まだ目玉と言えるようなコンテンツはなく、当面、苦戦が続くと予想されます。コンビニとしてサークルK・サンクスが参加していますが、やはり規模の面で物足りません。ほかの共通ポイントに参加していないコンビニとしては、セブン-イレブンやミニストップがあるものの、いずれも独自に大規模なポイントサービスを提供しているため、あえて共通ポイントに参加することは考えにくい。加盟店および目玉の少なさは、後発ゆえの悩みといえるでしょうか。

ただし、そうしたマイナス面を補うサービスがあります。楽天スーパーポイントの「期間限定ポイント」がリアル店舗で使えるのです。期間限定ポイントとは、楽天市場で実施されるキャンペーンで、“ポイント5倍”や“ポイント10倍”といった形で付与されるポイントのこと。付与率の高さはお得なのですが、ポイントが使える期間が2週間程度に設定されていることが多く、ついつい使い忘れてしまう人も少なくなかったのではないでしょうか。Rポイントカードを持っていると、そんな期間限定ポイントを、サークルK・サンクスやミスタードーナツなどで使うことができるのです。

楽天スーパーポイントの期間限定ポイントに該当するものは、TポイントやPontaにもありますが、リアル店舗で使えるのはRポイントカードのみ。利便性の高いサービスと言えるでしょう。

ただし、ひとつ注意しなければならないのは、通常ポイント、期間限定ポイントともに利用単位は50ポイントからとなっており、ほかの共通ポイントと比べると、やや利便性に劣る点があることです。

楽天Edyを使えばポイント3重取りが簡単に

また、14年12月から、楽天カードから電子マネー「楽天Edy」にチャージをすると、200円につき1ポイントのチャージポイントが付くサービスを開始しました。これまで期間限定キャンペーンだったものですが、常時提供されるサービスとなった格好です。

このサービスによって、楽天スーパーポイントの2重取り、3重取りが簡単にできるようになりました。もともと、楽天Edyを楽天Edy加盟店で使うと、利用金額200円ごとに1ポイントの付与がありました。楽天EdyをRポイントカード加盟店で使うと、100円ごとに1ポイントの付与があります。そして、例えばサークルK・サンクスのように、楽天Edyに加盟していて、Rポイントにも加盟店で使えば、合計で200円ごとに3ポイント貯めることができます(ポイント還元率は1.5%になります)。

さらに、楽天EdyかつRポイント加盟店で、楽天カードでチャージした楽天Edyを使えば、ポイントの3重取りが成立して、200円で4ポイント貯めることが可能になります(この場合の還元率は2%になります)。

以前の期間限定のチャージポイントのキャンペーンでは、チャージの方法によって、還元率を1%に設定していました。したがって、今後、1%になる可能性は十分にあります。1%になれば、上記のパターンでは還元率は2.5%になるので、Rポイントカードの魅力が高まるでしょう。