「パティスリー ビガロー」お薦めの焼き菓子

「パティスリー ビガロー」の「テリーヌ」(税込1500円)

「パティスリー ビガロー」の「テリーヌ」(税込1500円)


気の利いた手土産としてお薦めしたいのが、赤に金色のお店ロゴが入った綺麗なボックス入りの「テリーヌ」。サクサクしたサブレ生地を四角いケース形に整え、そこに栗の入ったチョコレート味の生地を流して焼き上げています。石井シェフが満を持して考案した、オリジナリティあふれる創作菓子です。表面にサブレ生地で花模様を描いているのも愛らしく、ありそうで無かった、手の込んだ一品。クラシックなフランス菓子の趣きを持ちつつ、パウンドケーキとも一味違った面白さがあるので、通の方にお持ちするギフトとしてもぴったりです。

「パティスリー ビガロー」の「フィナンシェ」(税込220円)

「パティスリー ビガロー」の「フィナンシェ」(税込220円)


こちらも、石井シェフのスペシャリテの一つ。フランスのVIRON社の小麦粉とスペイン産アーモンド、発酵バターを使い、香ばしく焼き上げた定番のフランス菓子です。端っこは少しカリッと、中はしっとりした食感が楽しめます。

「パティスリー ビガロー」のショーケース上に並ぶ焼きっぱなしの洋梨のタルト

「パティスリー ビガロー」のショーケース上に並ぶ焼きっぱなしの洋梨のタルト


ショーケースの上に並ぶホールサイズのタルトや1人分サイズのタルトレット、ピティヴィエなどの焼きっぱなしのお菓子も、嬉しい存在です。

「パティスリー ビガロー」の石井亮シェフ

「パティスリー ビガロー」の石井亮シェフ


ところで、「ビガロー」の意味ですが、石井シェフがフランスで出会ったチェリーの種類だそうです。そう、ここは「桜新町」なので“チェリー”という遊び心と、石井シェフのフランスでの思い出やフランス菓子への敬意が込められた店名となっています。

そんな「パティスリー ビガロー」の今後さらなる飛躍が楽しみです。

<ショップデータ>
「パティスリー ビガロー」Pâtisserie Bigarreaux
東京都世田谷区桜新町1-15-22
電話 03-6804-4184
営業時間 9:00-19:00
水定休
※年末年始の営業については、変更の可能性がありますので、店舗にお問い合わせください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。