数万匹の蛍がいっせいに光を放つ美しさ

蛍鑑賞

人工的な灯りは一切ない、真っ暗闇のなか。フラッシュ撮影は禁止されていて、写真に残すことはできない。心の中に光を刻もう

蛍の鑑賞

蛍鑑賞スポットは2か所ある

クアラルンプールの中心地から、車で約2時間。クアラ・セランゴールという町に、蛍が生息する川があります。その数、およそ数万匹とも。なぜこんなに蛍が集まっているかというと、川縁に自生するマングローブが蛍の餌場や繁殖の場として適しているから、だそう。

船着き場から小さな手漕ぎのボートに乗りこみ、ほんの数分。川沿いの木々がキラキラ輝いているのが目に飛び込んできます。灯りが点いたり消えたりする姿は、まるで大きなクリスマスツリー! それも蛍が呼吸を合わせているようで、一定のスピードで灯りがまたたくのです。

あんまり美しいので、「本当は人工なんじゃないの~」と心の中で思っていたら(疑り深いもので)、船頭さんが川縁に船を寄せ、ちゃんと飛んでいる蛍の姿を見せてくれました。

この美しくて、壮大な蛍の夜を体感したいなら、ツアーに参加するのをおすすめします。くねくねと曲がった真っ暗闇の夜道が観光場所までのルートなので、タクシーやレンタカーで行くのはあまりおすすしません。ウェンディーツアー参加した場合は、16:30にホテルを出発し、戻りは22:00というプラン。途中、川沿いにある海鮮料理店に寄り、夕ご飯も味わえる日程になっています。参加費は大人360リンギ(約12240円)、子供は180リンギ(約6120円)。夜までしっかり楽しみたい人におすすめです!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。