旧二条駅駅舎が出迎える梅小路蒸気機関車館

日本の鉄道開業100周年を記念して1972年に京都の梅小路機関区(当時)の施設を活かす形でオープンした蒸気機関車(SL)の博物館。産業文化財としての蒸気機関車を動態保存する目的で設置され、オープンから40年以上が経つが、日本を代表する名機18形式20両(D51形とC62形は2両づつ)が一堂に会している姿は壮観だ。うち、8両が煙を吐いて動くことができるので、梅小路訪問の際は、ぜひ展示運転の時間を確認してから訪れたい。
旧二条駅

旧二条駅駅舎がエントランスとなっている


梅小路蒸気機関車館のエントランスにある荘重な建物は、JR山陰本線二条駅の旧駅舎で、1996年の山陰本線高架化で役目を終え、1997年に当地に移築復元されたものだ。日本最古の木造駅舎と言われ、京都市指定有形文化財となっている。入館料を払って中へ入ると、資料展示館として蒸気機関車の歴史、しくみ、など詳しく知ることができる。
資料展示館

資料展示館内部