兄弟姉妹(第3順位)

子、父母が全くいなければ兄弟姉妹が相続人に

子、父母が全くいなければ兄弟姉妹が相続人に

第1第2順位の相続人がいない場合には、被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。その兄弟姉妹が亡くなっている場合には、兄弟姉妹の子(被相続人の甥姪)が相続人になります。その甥姪が相続することも代襲相続と言います。その甥姪が亡くなっている場合には、その甥姪の子は、相続人になれません。

相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合の相続分は、配偶者が3/4、兄弟姉妹が1/4になります。兄弟姉妹が2人いる場合の兄弟姉妹の相続分は、それぞれ1/8(1/4×1/2)になります。

配偶者も相続する場合には、配偶者の気持ちとしては、どうして兄弟姉妹と遺産分割協議をしなければいけないのかとなるでしょう。そのような場合には、遺言を書いておいてもらいましょう。遺言があれば、遺産分割協議の必要がありません。

最後に

配偶者の他に相続人には、まず子がなり、子がいなければ父母に、その父母もいなければ兄弟姉妹になります。誰が相続人になるのか複雑な場合は、司法書士又は弁護士にご相談ください。


【関連記事】
・ 相続人がいなかったら遺産と相続税は?
相続人に認知症の人がいる場合の遺産分割
遺言で特定の相続人に財産を多めに相続させたい・文例
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。