支出が増える12月の節約法は?

支出が増える年末年始ですが、その分ボーナスや年末調整による還付金などの収入も増え、ついつい財布の紐が緩みがちになる時期でもあります。しかし、冬のボーナスは計画的に貯蓄しておかなければ、急な支出や大きなお金が必要な時に困ることになります。

年末年始の収入と支出を想定して予算を立て、さらにお得になるボーナスの使い道をお伝えします。
 

年末年始の予算を立てよう

■予想される収入はいくら?
  • ボーナス40万円
  • 住宅ローン控除20万円
上記のように、まずは予想される収入を把握しておきましょう。ボーナスは以下のようにしっかり振り分け、必ず貯蓄ができるようにします。
 
  1. ローンなどボーナス払い
  2. 年末年始の費用
  3. 自分と家族の楽しみに使うお金
  4. 貯蓄

ボーナスは冠婚葬祭などの突発的な支出や車検など、大きな支払いの時にも困らないようにしっかり貯蓄をします。ただ、せっかく頂いたボーナスなので、自分と家族が楽しむためにも一部使いたいものです。

また、住宅ローン控除で還付された税金は、今後の繰上げ返済をするためにも、手を付けずに別の口座に移しておきましょう。

■予想される支出はいくら?
<年末に予想される支出 予算10万円>
  • お歳暮 5000円×5件=2万5000円 
  • 忘年会 1万円×3回=3万円 
  • クリスマスケーキ 5000円 
  • クリスマスプレゼント 5000円分×子ども2人=1万円 
  • ローストチキンなど自宅でのクリスマスディナー 1万円 
  • おせちや餅など、お正月準備費 2万円 
<年始に予想される支出 予算7万円>
  • お年玉 5000円×4人=2万円
  • 初売りや福袋 2万円
  • 新年会 1万円×2回=2万円
  • 冬休みの子どもとのレジャー費 1万円

その他、年末年始に遠方に帰省する場合や旅行する場合はさらに、高額な予算となります。上記のように、ある程度の予算を立て、その範囲内で済ませることが大切です。
 

年末年始の節約ポイント

■節約ポイントその1 早めに買う
年末になればなるほど、食材は高くなります。数の子やイクラ、カニや伊勢海老、他にもおせちの食材など、冷凍保存が利くものは早めに少しずつ買い足すことで、年末の支出がずいぶん軽くなります。

クリスマスも同様で、あらかじめディナーのメニューが決まっている場合は、早めに食材を準備しましょう。他にもお歳暮なども早割を利用することで、お得に買うことができます。

■節約ポイントその2 お歳暮はお得に買う
上記したように、まずは早く買うことで早割を利用することができます。また、所得税を多く払っている方は、節税も兼ね「ふるさと納税」を活用したお歳暮もいいですね。

■節約ポイントその3 ネットで価格比較
子どものクリスマスプレゼントなどは、必ずネットで価格を比較しましょう。人気のおもちゃでも数千円の差が出ることもあります。ラッピングは100均でも十分素敵なものが多くあります。他にも買い替えを考えていた家電などもしっかりリサーチし、初売りセールなど狙えるものは狙ってみるといいですね。

■節約ポイントその4 手作り&自宅
クリスマスディナーやケーキ、おせちなど、手作りに挑戦してみることで、家計の負担はぐっと軽くなります。忘年会や新年会も少人数で気心の知れた仲間であれば、自宅で鍋パーティを開くことで会費も数千円で済むでしょう。

■節約ポイントその5 大掃除をする
年末の大掃除をしっかりやる事も、節約につながります。掃除をしながら、冷蔵庫、食品庫、押し入れ、クローゼットの整理をしましょう。古いものや不要なものは処分し、使い忘れていた日用品や缶詰などがあれば、最後まで使い切るようにします。

景品でもらった日用品などは、意外と使い忘れやすいものです。大掃除をしながら、買い足す必要があるものが見付かれば、年末年始のバーゲンを利用してお得に買うことができます。とにかくお金のかかる時期です。

普通に買っていては、結構な金額になります。計画的に早めに行動し、同じ商品でも安く買い、準備するようにしましょう!

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。