サムスン製のスマートフォンGALAXY Noteシリーズは、手軽な大きさで、さらに手書きができるペンを内蔵しており、根強いファンがいる端末です。このGALAXY Noteシリーズに、「GALAXY Note Edge」というユニークな機種が加わりました。この機種はメインの大きな画面に加えて、エッジスクリーンという、もう一つのディスプレイを搭載しています。今回は、このエッジスクリーンの活用方法を紹介します。


エッジスクリーンとは

GALAXY Note Edgeは、5.6インチの有機ELディスプレイを搭載しています。このディスプレイは、右側面が曲面になっており、この曲面部分に、エッジスクリーンが表示されます。ユーザーは、右側面をフリックすることで、エッジスクリーンを呼び出し、様々な機能を試すことができます。

GALAXY Note Edge

GALAXY Note Edge


このエッジスクリーンは、一言でいうと、Windowsのメニューバーのような役割を持ちます。お気に入りのアプリを登録できたり、タスクの切り替えができます。さらに、Androidの通知バーを拡張した様々な通知も、このエッジスクリーンに行われます。またトレンドワード表示、天気表示、ゲームなど、様々なパネルが用意されており、ユーザーは7つまでのパネルを登録することができます。


エッジスクリーンの設定方法

パネルの設定方法は、「設定」 → 「エッジスクリーン」より行います。エッジスクリーンから設定を呼び出すことも可能です。

設定→エッジスクリーン

「設定」 → 「エッジスクリーン」


「パネルを管理」にて、表示するパネルを選択します。

パネルを管理

パネルを管理


表示するパネルを選択

表示するパネルを選択


なお、新規にパネルをダウンロードすることも可能です。

新規にパネルをダウンロード

新規にパネルをダウンロード


パネルの中には、ユーザーが編集できる種類もあり、鉛筆アイコンを選択します。ここでは、「お気に入りのアプリ」の例です。内蔵アプリの中で、パネルに登録するアプリを選択します。フォルダーの作成も可能です。

お気に入りのアプリ

お気に入りのアプリ


「ブリーフィングパネル」では通知するアプリの選択が可能です。

ブリーフィングパネル

ブリーフィングパネル


実際にエッジスクリーンを使ってみると、とても使いやすいUIになっています。例えば右手だけで持つ場合も、親指でちょっとフリックするだけで、エッジスクリーンを呼び出すことができ、簡単にお気に入りアプリを起動することができます。ホーム画面に戻ってアプリを起動するよりも簡単にできるため、普段からエッジスクリーンを多用するようになりました。各種通知もツールバーより見やすく、ちょっとした確認に便利になっています。

エッジスクリーンは、GALAXY Note Edgeだけの機能ではありますが、Androidの標準機能として搭載してほしいと感じるほどのユニークな拡張機能です。是非お試しください。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。