子供は真似を通して学習していく

子供の学び方にはあるルールが!

子供の学び方にはあるルールが!

子供は真似が大好きです。真似をしながら、色々なことを学んでいきます。特に、2歳くらいの子は、教えたわけではないのに、いつのまにか、
  • 箱のふたを開けられるようになった
  • 照明やテレビのオン・オフができるようになった
  • ドアノブの開け方をマスターした
と、日々、その成長に驚かされます。今どきでは、スマホやタブレットなどの画面操作まで覚えてしまって、「喜んでいいのやら……」と感じているママもいらっしゃるでしょう。


因果関係がハッキリしているものは学びやすい

このような学びの共通点は、因果関係がはっきりとしているということ。結果が読みやすいのが特徴です。つまり、押せば明かりが点く、もう1回押すと明かりが消えるのように、自分が働きかけると、100%の確率でリアクションしてくれるものです。だから、子供としても、モチベーションが上がりやすく、真似しやすいと言えます。

では、その確率が100%でない場合はどうなのでしょう? 子供達は同じように上手く学習できるのでしょうか?


子供が成功パターンを選ぶ心理を検証

アメリカの大学が、2歳児の鋭い観察力を目の当たりにできる面白い実験を行いました。まずは、下記のYoutubeのリンクより、一般公開されている実験のビデオをご覧になってみてください。

見どころは、後半に出てくる2歳の子のリアクション。ビデオに登場する女性(実験者)が2種類のブロックで遊ぶ様子を、じっと観察していた2歳の子が、自分の番になったとき、何色のブロックを選ぶかというところ。ぜひ、画像だけでなく、音声もオンにしてお楽しみください。

■2歳児の学習能力を記録した映像(Youtubeのリンク)
Learning by Watching, Toddlers Show Intuitive Understanding of Probability

いかがでしたか? 2歳の子は、ボールが出る確率が高い青のブロックを迷わず手でつかみ、女性と同じように台に乗せましたね。ボールがコロコロと飛び出す音が聞こえ、満足顔です。

この実験の面白いところは、確率が100%でない状況の中でも、2歳の子が、より高い確率を求めてチョイスするという部分。ボールが飛び出す確率が、3回に2回なのか、3回に1回なのか? この差をしっかりと見極めています。この実験に参加した72%の子が、ビデオのように、確率の高い方をチョイスしたのだそうです。


数字が複雑になっても成功パターンを選べるのか?

さらに検証を深めるため、その確率は変えないまま、操作の数を増やしていきました。

  1. ひとつは、6回のうち4回ボールが出るパターン(3分の2の確率)
  2. もうひとつは、12回に4回ボールが出るパターン(3分の1の確率)

どちらもボールが出る回数は4回ずつなので、ボールのことだけに注目していたら、その確率を見落としてしまいます。確率を把握するためには、全体の流れを見ておく必要があります。2歳の子は、どう反応したのでしょうか?

なんと、2つめの複雑な実験でも、69%の子が成功しやすいブロックを見事に選んだのです! 12回もトライしたら、大人だってカウントが難しいですよね。それを見事にやってのける2歳児の観察力、記憶力、やはりすごいものがあります。

この実験で分かるのは、人間の競争心、勝ちたい気持ち、成功願望というのは、こんなに小さい頃から備わっており、それが子供の学びの土台になっているということです。裏を返せば、「失敗を避けたい本能」も備わっているということになります。


学びは「七転び八起き」からだけじゃない!?

よく子供は自ら転んで起き上がり方を学ぶと言いますね。たくさん間違いをして、多くの失敗をして学んでいくと。

でも、今回の実験で分かるのは、2歳の段階で、自ら転ばずとも、人の行動を”見る”ことで、失敗を避け、成功を選べているということ。しかも、白黒はっきりしないあいまいな状況でも、自分にとって、より都合の悪いものを避け、より都合のよいものを選ぶ、ということができるのです。「人の振り見て我が振り直せ」を地で行く2歳児、その学習能力にあらためて感嘆です。


*出典:Developmental Science(2014)「Causal learning from probabilistic events in 24-month-olds: an action measure.」より

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。