写真撮影/風景・夜景を撮る

紅葉も背景が大事? 人と差を付ける紅葉撮影のコツ(3ページ目)

秋といえば「紅葉」です。夏に真っ青だった緑が赤やオレンジに色づきます。ただ、キレイな色づきとはいえ、そのまま撮ってもありきたりな写真になりがち。人と差を付ける紅葉の撮影方法をご紹介いたします。

伊藤 俊

執筆者:伊藤 俊

写真撮影ガイド

目線を変える

今まで紹介した紅葉は木々に色付いている紅葉です。通常こういった写真が撮影されることが多いため、人と違った写真を撮るには目線を変えることが重要です。例えば下記のような写真。

水に浮かぶ紅葉

水に浮かぶ紅葉


水面に浮かぶ落ち葉です。蓮の緑&黄色が相まっていい感じです。また、こんな写真はいかがでしょう。

目線を下げる

目線を下げる


地面スレスレで撮影しました。先ほどの水面の写真もそうですが、上の木々を見るだけでなく下にも注目すると、違った景色が広がりますよ。

ということで今回は3つのポイントをご紹介しました。これらのポイントを踏まえて是非紅葉を撮影してみてください!


【編集部おすすめの購入サイト】
Amazon で写真撮影関連の商品をチェック!楽天市場で写真撮影関連の商品をチェック!
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます