色々な形の「一時保育」

数時間~1日の単位で子どもを預かってくれる一時保育は、預け先や利用する理由などにより様々な形があります。認可保育所の一時保育と認可保育所以外に分けて、まずは色々な形の一時保育について紹介します。
※この記事では、子どもを一時的に預かってくれるサービスをまとめて「一時保育」と表現します

■認可保育所の一時保育
認可保育園で利用できる一時保育サービスには、利用する理由によって以下のような分類があります。

・非定型:保護者の労働、職業訓練、就労活動など
・緊急:保護者の出産、病気、家族の看護、冠婚葬祭など
・私的理由:リフレッシュを含め、私的理由

大まかに以上の分類の中でそれぞれ、1ヵ月の中で利用できる日数に制限があります。この日数の制限は、自治体によって異なります。

都市部の認可保育所は元々通っている園児で既に飽和状態で、私的理由での一時保育については、別に公営の一時保育施設を設置している自治体もあります。非定型や緊急の一時保育も、サービスとしては掲げながら、実際には一時保育希望者を受け入れる余裕がない園もあります。私自身、下の子の出産や資格取得に向けた講習受講時などに、一時保育実施を掲げている認可園に相談したところ、園児で手いっぱいなのでと断られた経験があります。

■認可保育所以外の一時保育
そんな時、認可保育所以外の一時的な子どもの預け先の選択肢として、託児所などの無認可保育施設、ベビーシッター、地域のファミリー・サポート・センターなどがあります。ベビーシッター制度は地方都市では地域性から存在していないこともありますが、地域で子育ての助けを必要としている人と援助者をつなぐ役割をしている「ファミリー・サポート・センター」は市区町村単位で設立、運営が行われているので、お住まいの地域に存在しているか確認してみましょう。

緊急時に素早く対応してくれるか、集団保育か個人保育か、自宅で見てもらえるか保育者宅に預けるか、など様々な形があるので、自分のニーズに沿ってもらえるサービスを探してみましょう。そして大切なのが事前の下調べ、打ち合わせです。


一時保育を安心して利用するために

母親と子ども

離れている時間、楽しく過ごせるかな

我が子を安心して預けるために欠かせないのが、預け先の下見や、責任者、保育者との面談。単発利用といっても、子どもにとっては日常とは違う環境で親と離れて長時間過ごす場所。施設の雰囲気や担当者とのやり取りで何か気になることがあれば、質問して確認しておきます。

ベビーシッター仲介業者を通したシッターの派遣では、責任者と直接面談ということができない場合もあるかもしれませんが、事前に、担当のシッターとも必ず電話等で打ち合わせをしましょう。当日、子どもの様子や保育上の希望を、箇条書き等で見やすくまとめて手渡すこともおすすめします。

行政の補助が出ていない保育サービスは、利用料に割高感がありますが、ホームページ等で情報開示を明確に出しているか、安全に預けたいという利用者の気持ちをしっかりと受け止めてくれる業者かどうかを重視して選んでください。


>>上手に利用して親子双方のプラスに