街の木々が色づいてくると紅葉にレンズを向ける機会も多くなります。これまで何気なく撮っていた紅葉の写真から、グレードアップさせた写真を今年こそは撮ってみたい、それも出来るだけ簡単に。そんな方へ手軽に素敵な紅葉が撮れる二つの方法をご紹介しましょう。

逆光を活用して紅葉を浮き上がるように撮影

紅葉撮影

レンズに直接太陽光が入る位置での撮影はNG。直射日光が入らない場所からレンズを向けるのが基本。


紅葉撮影

撮影位置を少し変え、逆光が紅葉を透かすようなポジションから撮影する。


一般的には逆光は撮影には向かない場面として認知されていますが、逆光もうまく使えば撮影に利用できる光線です。

この場合の紅葉を撮る方法は、紅葉の背景から光が差し込む状況でレンズを向けます。しかし、ここで注意したいのが直接レンズに太陽光が入らないようにすることです。

逆光なので太陽光はレンズに向かって差し込んできますが、レンズを向ける位置を少しずらすとレンズには光が入らないポジションを見つけることが出来ます。左右や上下にレンズを動かしてみる、または撮影位置を変えてみるなど微調整しながらポジションを探ります。

このときにポイントとなるのが、紅葉が逆光で透かされてきれいに見える位置を基準にすることです。どの位置から見るともっともきれいに紅葉が映えるかを探ります。

微妙に撮影位置を変化するだけで見え方が変化するので、しゃがんでみたり左右に少しずれるなど観察することが大事です。

紅葉に直接光が当たる順光の状態で撮るより逆光で透かされたほうがよりきれいに撮影が出来ます。たったこれだけのことですが、知っておくと紅葉を撮るときには役立ちます。

紅葉撮影

逆光の光を利用して紅葉を透かして撮った一枚。順光の光で撮るより紅葉はきれいに撮れる。


次のページではポップモードを使い劇的変化させる方法です。