パナソニック株式会社は2014年9月25日、デジタルハイビジョン液晶テレビ“4K対応ビエラ”AX900、AX700シリーズの発表記者会見を開催した。AX900シリーズは4機種(85V/65V/55V型)、AX700シリーズは3機種(55V/48V/40V型)を10月17日に発売する。
左側の4機種がAX900シリーズ、右側の3機種がAX700シリーズ

左側の4機種がAX900シリーズ、右側の3機種がAX700シリーズ


高次元の美しさ、AX900シリーズ

AX900シリーズの55V型には、スラントデザインとスタンダードデザインの2種類が用意される

AX900シリーズの55V型には、スラントデザインとスタンダードデザインの2種類が用意される。画像はスラントデザイン

AX900シリーズは、パナソニックの発売するデジタルハイビジョン液晶テレビ“4K対応ビエラ”のフラグシップモデル。85V/65V/55V型のサイズを用意し、基本デザインはスラントデザインを採用。55V型の1機種ではスタンダードデザインも取り揃え、85V型は受注生産での発売となる。

スラントデザインやタッチ対応のリモコンなど、ハード面のデザインなど、従来のAX800の良い点を引き継ぎながら、画質や使い勝手においてさらなる進化を遂げたモデルとなっている。

それでは、その代表的な進化ポイントを下記に挙げよう。

  • 従来比約2倍(AX800シリーズ比)の高輝度を誇る高輝度IPS液晶パネル
IPS液晶パネルと新位相差版の採用により、水平・垂直方向178度の高視野角実現。高輝度LEDバックライトをパネルの直下に多数配置することで従来比2倍の高輝度を実現している。

  • 新開発LSIを搭載した「4KファインリマスターエンジンPRO」
AX900では新開発LSIを搭載し、AX800の「4Kファインリマスターエンジン」をさらに進化させた「4KファインリマスターエンジンPRO」によって、Full HDの地上デジタル放送をより高詳細な4K映像にアップコンバートすることができる。

  • リモコンなしでテレビを操作できる「ダイレクト音声操作」
従来はリモコンでの音声操作だったが、AX900ではテレビで直接音声操作を行うことができる

従来はリモコンでの音声操作だったが、AX900ではテレビで直接音声操作を行うことができる

AX800シリーズにもあった「音声操作」がさらに進化し、直接テレビに向かって話しかけるだけで操作ができる「ダイレクト音声操作」を搭載。「テレビをつけて」「音量を上げて」などの基本的な操作や、番組表の操作、インターネットでの検索などにも対応している。

AX900シリーズの4機種の実売価格は、65V型の「TH-65AX900」が80万円前後、55V型の「TH-55AX900」が50万円前後、スタンダードデザインを採用する55V型の「TH-55AX900F」が50万円前後、受注生産となる85V型の「TH-85AX900」が200万円前後となる予定だ。


身近になった4K、AX700シリーズ

AX700シリーズに用意される40V型は、フルハイビジョンテレビでも中心となっているインチのため、置き換えがしやすい

AX700シリーズに用意される40V型は、フルハイビジョンテレビでも中心となっているインチのため、置き換えがしやすい

AX700シリーズはエントリー機に位置づけられ、4Kテレビの市場拡大の中で、家庭の既存テレビとの置き換えを狙うモデルとなっている。55V/48V/40V型を取り揃え、現状のフルハイビジョンテレビ市場の中心となっているインチを用意している。

気軽に4Kを楽しめる、AX700の特長を以下に挙げよう。

  • パナソニック独自の「4Kファインリマスターエンジン」を搭載
エントリー機ながら、パナソニック独自の「4Kファインリマスターエンジン」により、デジタル放送やブルーレイソフトも質感豊かな高画質4K映像にアップコンバートをすることができる。

  • 4K放送の本格化にも対応できるHDCP2.2に対応
写真を通してみても、その美しさが分かる高詳細な画質だ

写真を通してみても、その美しさが分かる高詳細な画質だ

4K放送やコンテンツが本格化した際に必要となるHDMI2.0に準拠した端子を3端子搭載。4K試験放送や4Kソフトを視聴するために必要なコンテンツ保護企画であるHDCP2.2にも対応している。

AX700シリーズの3機種の実売価格は、55V型の「TH-55AX700」が30万円前後、48V型の「TH-48AX700」が25万円前後、40V型の「TH-40AX700」が20万円前後となる予定だ。

従来のAX800シリーズに今回発表されたAX900、700シリーズを加え、新4K対応ビエラのラインナップとしている

従来のAX800シリーズに今回発表されたAX900、700シリーズを加え、新4K対応ビエラのラインナップとしている


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。