クルマの制御を信じれば、誰でも存分に速く優雅に

ポルシェ911ターボカブリオレ

後輪を50km/hまでは前輪と逆方向に、80km/h以上では同方向に操舵することで取り回しや走行安定性などを高める、リアアクスルステアを標準採用

とにかく、ターボSの走りは、主役のエンジンを操りながら、エンジンに操られている感も強い。周りの脇役たち=賢い電子制御や芯の強いシャシー、頑丈なボディといった黒子たち、が一生懸命働いているからこそ、ドライバーは、たとえ初心者であっても、オーバー500psの実力を不安なく、勇気さえあれば一瞬のうちに、引き出すことができるというわけなのだけれども、そうと分かってはいても尚、このエンジンは凄くて気分がいい、という結論に達する。
ポルシェ911ターボカブリオレ

空気圧で展開する3ステージ式可変フロントスポイラー、3段階に調節できる可変リアスポイラーを装着

そのことをボクは、ターボSを存分にドライブし、クルマから降りた瞬間に思い知らされた。エンジンの印象は、前述のごとく、カラダに強く残っている。けれども、クルマ全体のインプレッションはというと、“ポルシェ911に乗った”以上のなにものでもない。上代2000万円オーバーの“高級スポーツカー”のわりには、エンジン以外にこれといって乗った甲斐がなかったりする。

なるほど、ターボもターボSも、911であることには変わりがない。エンジンの秀でた、総合力でノーマルを2倍くらい圧倒する、ものすごい911なのである。最新技術のオンパレードによって、高性能なパワートレインを豪華に、手抜かりなく包み込んだ。それが、最新の911ターボというものだった。

だから、どんな乗り手であっても、とにかくクルマの制御を信じることで、ポルシェターボを存分に速く走らせることが可能である。その間のお楽しみといえば、上手に演出されたエンジンフィールと、そのまわりの意気軒昂なサウンドで、それだけで乗り手(ただし、クルマ運転好き)の心は、天にも昇ったような気分になるのもまた事実である。

そして、ふと気がつけば、まるでVWゴルフを転がしているかのように、淡々と街乗りをも楽しんでいる自分を発見して、また驚くのだ。乗り心地は硬いが優雅で、一方的なスパルタンさなど微塵もなく、何ならこのまま温泉デートにでもカノジョを誘いたくなるくらい。カブリオレボディともなれば、尚更だろう!
ポルシェ911ターボS

ターボSのインテリア。伝統の5連メーターには4.6インチディスプレイを採用。ドットによってトルクの出力状況も表示可能に

ポルシェ911ターボS

ターボの吸気音をスピーカーから室内に響かせるサウンドシンポーザーを採用

ポルシェ911ターボS

分割可倒式の後席バックレストを完全に倒すとクーぺで約260リッター、カブリオレで約160リッターの容量を確保する