沖縄本島のビーチ天国「やんばる」の海遊び

kunigamifukan

山の自然と海の自然に囲まれたやんばるは、手つかずの天然ビーチの宝庫! (C)OCVB

沖縄・やんばるといえば、山や森のイメージが強いのが一般的。といっても、そもそもまわりをぐるりと海に囲まれた島であることは変わりないので、他のエリア同様、当然やんばるの地もまた海の大自然に恵まれる場所です。観光客の姿はもちろん、住人の数もぐんと少ないことから、必然的に自然が守られているのは言うまでもありません。

亜熱帯の川のカヌー下りや、ジャングルの森を歩くトレッキングなど、やんばるを訪ねるとなると、山遊びをメインで考えると人が多いと思いますが、大自然の美しさに溢れるやんばるの海ともふれあって欲しいもの。ここでは、やんばるの海の魅力、やんばるの海の楽しみ方についてお話したいと思います。

なお、やんばるの海を紹介するにあたり、「沖縄本島のどこから先をやんばるとするか?」という点について、今回は東村、大宜味村、国頭村からなる国頭郡をメインに、普段あまり取り上げられることのない名護市の東海岸の一部も交えたくくりでお話したいと思います。

開放感たっぷり! 大自然を独り占め!

umi

手つかずの大自然が広がるやんばるでは、海もまたダイナミックかつ神秘のパワーに満ち溢れています

西海岸リゾートエリアの海を見慣れた旅行者には、やんばるの海の景観は、また異なる沖縄の風景として映るはず。やんばるの自然は、森も海もすべてが手に取るように身近な存在であるのが特徴です。山から流れ出る清流が海岸で海水と交わり、悠々と大海原へ繋がっていく様子は、やんばるならではの景色。

ここでは、オクマビーチなどの数少ない整備されたビーチを覗いて、ほとんどが自然のままの手つかずの姿。海岸線には、リゾートホテルはもちろん、民家も掘ったて小屋の類もない、素のままの海が広がっているのです。と聞けば、アウトドア好きにはたまりませんね! 
kayack

お天気がよければ一年中楽しめるシーカヤックはやんばるの海散策にもおすすめです (C)OCVB

ダイビング、シュノーケリング、磯遊び、シーカヤック、釣り、といった様々なマリンアクティビティを楽しめるのはもちろん、人影もまばらなやんばるの海岸はただ何もせずにのんびりとするにも最高です。開放感たっぷり! 目の前に広がる大自然を独り占め! が、やんばるの海の正しい楽しみ方。

探索するなら、シュノーケリングやシーカヤックなどが最高に楽しめそうですが、ライフガードも監視員もホテルのスタッフもいない海なので、当たり前ですがすべては自己責任。旅行者はツアーを上手く利用するのがおすすめです。安波の安田ヶ島や安倍オール島など周辺の無人島を訪ねるツアーなら満足度も相当なもの。時間があればぜひトライしてみてください。

また、サーフィンのイメージが薄い沖縄ですが、やんばるにはいくつかサーフポイントもあるので、サーファーなら迷わずサーフィン! 波のコンディションがイマイチだったとしても、透明度抜群の海と大自然を満喫できるシチュエーション。人の姿があまりないポイントでのサーフィンは波待ちしているだけでも最高の気分です!