評価額を下げられる土地の特徴

評価額を下げられる理由は多岐にわたりますが、主なものは以下の通りです。これら以外にも評価額を下げられる理由はあり、税理士の経験の差が出てきます。該当する土地があれば減額の可能性があります。

●土地の形に特徴がある
  • 間口が狭い、奥行きが深い
  • 土地の形や地盤が悪い
  • 道路との著しい高低差がある
  • 接している道路が狭い
  • 道路に接していない
  • 敷地の一部ががけになっている
  • 著しく土地が広い
●近隣になるべく避けたいものがある
  • 墓地に隣接している
  • 線路沿いなどの電車の騒音
  • 震動、異臭、土壌汚染地
  • 土地の上に高圧線が通っている
●複雑な事情がある
  • 一つの土地を複数人で分けた
  • 地代を取って同族法人に使わせている
  • 重要文化財建造物の土地、埋蔵文化財がある土地
  • 都市計画道路の予定地になっている
  • 他人が通路として敷地を通行している

ポイントは「その土地を買うとしたら、どこかマイナス点はないか」です。税理士にお願いした申告なので安心だと決め付けず、還付される可能性がないか、相続に強い税理士に相談することをおすすめします。手続きには期限がありますので、気になるところがあれば早めに相談しましょう。

【関連記事】

相続税の不動産の評価が大きく下がる評価方法
2011年度税制改正で相続税の還付チャンスが拡大!
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※2022/8/1~2022/8/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。