住まいづくりにかかる費用は、「本体工事費」「別途工事費」「諸経費」に分けられます。どうしても「本体工事費」に気をとられがちですが、「別途工事費」や「諸経費」をしっかりみておかないと、予算オーバーになってしまうことも。

門扉とフェンスはシリーズ化されているタイプも多い。外観デザインに合わせて選びたい。 [モデノ門扉RD型・モデノフェンスR5型の組み合わ
せ施工例]undefined新日軽

門扉とフェンスはシリーズ化されているタイプも多い。外観デザインに合わせて選びたい。 [モデノ門扉RD型・モデノフェンスR5型の組み合わせ施工例] 新日軽

外構工事やカーテンや家具などは「別途工事費」や「諸経費」に入るものです。外構工事は敷地の広さやプランニングによって、家具や家電も購入するアイテムによって、かかる費用は大きく異なりますので、一概に比べるものではないかもしれません。

けれど、既に家づくりを終えた先輩たちがどのくらいお金をかけているのか、総費用のどのくらいの割合になるのかは、ひとつの目安になる。計画的な予算配分をするための参考にしてください。

【出典】 「注文住宅と住宅設備に関する動向調査2009」 リクルート「月刊ハウジング」調べ

外構にかかる費用 平均155.2万円

門扉やフェンスカーポートといったエクステリア設備は、住まいのイメージを大きく左右するもの。いくら建物の外観デザインにこだわっても、エクステリアがコーディネートされていなかったり、バランスが悪ければ、住まい全体の印象も変わってきてしまいます。住まいづくりを進める中では、建物本体とエクステリアのプランも予算も同時に検討することが大切です。

住まいの間取りにも影響するカーポート。早めに台数やサイズに合わせてプランニングしておきたい。[ファインポートII]新日軽

住まいの間取りにも影響するカーポート。早めに台数やサイズに合わせてプランニングしておきたい。[ファインポートII] 新日軽

最近のエクステリア商品は、防犯性能がアップしたものやプライバシーの確保に配慮したものが多くみられます。デザイン的には、閉鎖的になりすぎず、緩やかに仕切るようなタイプが増えてきているようです。また、門扉やフェンス、カーポートなどだけでなく、庭を有効活用できるような提案の商品や狭小敷地でも対応できるようなアイテムもみられるようになりました。

そんな外構に先輩たちはどのくらいの費用をかけたかというと、平均は155.2万円。とはいえ、かける費用はさまざまで、100~150万円未満が19.9%と最も多く、200~250万円未満が14.2%、150~200万円未満が13.2%、50~100万円未満が13%となっています。

平均総建築費(外構費を含む、消費税込み)2858.5万円に占める外構部分の割合でみると、平均は5.4%。もちろん、敷地が広かったり、カーポートが2台分必要だったり、高性能の門扉や防犯設備を取り入れれば、費用はアップするでしょう。あらかじめ、どういう外構プランにしたいのか、いくらぐらいの費用をかけることができるのか、明確にしておくことを忘れずに。


次ページでは、インテリアの費用についてみていきましょう。