【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

「誘ってみたい」と思われるポイントとは

undefined

笑顔は相手への好意の基本。好きな人に誘われたければ、いつも笑顔を絶やさずに!

恋人募集中であれば、たとえお目当ての男性以外でも「誘われる」ことが恋のきっかけになるもの。
そのためには、自分が「誘ってみたい」女性になるのが近道です。
しかし多くの女性は、どうすれば誘われやすくなるか、わからないのではないでしょうか。

実はその方法はとてもシンプル。
「誘ってもいいよ」というシグナルを発信すればいいだけです。

誘われやすい(誘ってみたいと男性に思わせる)女性には、いくつかの特徴があります。

■外見や行動全般に“隙”がある
隙というものは、意図して出せるものではありません。逆にいえば「隙を見せないよう」ガードを固くしている女性は、あなたに好感を抱いている男性が身近にいたとしても「誘いにくい」と思われてしまいます。

隙とだらしなさは紙一重。髪のカラーリングの根元が伸びていたり、シワだらけの服を着ていたり、汚れた靴を履いていたりといった「手入れ不足」な状態は、もはや隙だらけのだらしない人だと思われてしまいます。

男性に悪印象を与えない(好まれる)隙は、ドジな一面を見せたり、胸元やスカートの裾から肌がチラッと見えてしまうなど「うっかり」覗かせてしまうレベルの隙。完璧であろうとするより、ちょっとの隙を見せたほうが「僕に心を許してくれている」と男性は感じるのです。

■いつも笑顔を絶やさない
誰だって誘うときは断られたくないもの。「断られたらどうしよう」と不安になりながら誘うには、それだけの勇気が必要になります。

怒った顔をほとんど見たことがない、いつも笑顔の明るい女性は、それだけで「誘ったらOKしてくれそう」に見えるので、おのずとお誘いは多くなります。

普段から怒りっぽかったり、イライラして機嫌の悪い顔ばかりしていたら、誘うどころか話しかけるのも躊躇してしまうもの。いつもゴキゲンな人でいるためには、楽しいと思えるものを増やし「イライラする時間がもったいない」日常にすることです。

まだまだ続きます。