保育園での長い時間、お友だちとどう過ごしている?

お友だちと保育園遊び

長い保育時間、お友だちとどんな風に過ごしている?

保育園でのお友だちとは、1日の最低8時間前後の長い時間を一緒に過ごす間柄です。その間、お友だちとどのように過ごしているかは、親にとって一番といっていいほど気になるところ。特に、まだ自分の言葉で今日あったことを伝えることができない年代の頃は、連絡帳やお迎え時の先生とのやり取りを通して1日の様子を簡単に聞くことができるだけ。お迎え時に、「今日はどんなことがあったの~。お友だちとどんな風にすごしたの~」と、まだ思うように意思疎通ができない我が子に、一方的に語りかける方も少なくないのでは!?

保育園生活でのお友だちとの濃い時間に起きやすい事態、濃い関係ならではのメリットも知り、先生との連絡のやり取りや他の保護者との交流の中で不安を減らしていきたいものです。


けんか、けが……トラブル時の園の対応

長時間、一緒の空間で過ごす中では、当然、けんかやけがをする機会も成長と共に増えていきます。1歳代になると物の取り合いも増え、さらに自我が成長してくる2歳代になると、様々な感情のぶつかり合いからのけんかも日常茶飯事になっていきます。そんなけんかを経験する中で、子どもたちは成長していきます。小さなけんかの1つ1つをお迎えに来た保護者に伝えることは、保護者の不安を招くことになりますが、けんかによって傷ができてしまったり、かなり後を引くような感情のぶつかり合いになってしまった場合には、お迎え時に説明があると思います。

しかし、「誰との間で」という具体的な名前までは伝えられないことも多いかもしれません。これは、保育時間内のトラブルは、先生が仲立ちになって解決に導くのが基本的な方針で、親どうしでトラブルについてやり取りをするという形に持っていかないためでもあります。トラブルの相手が分からないということが、心に引っかかることもあるかもしれませんが、保育園生活の特徴も踏まえ、誰とのトラブルというよりも、どういう状況で感情の衝突が発生し、それに対して先生がどのような対応をしてくれたかを、聞いたり質問したりして、その年頃の子どもたちに発生しがちな状況を把握していきたいものです。


他の子どもたち、親たちと、少しずつコミュニケーションを重ねよう

お友だちとの感情の衝突の中で、もちろん、我が子が友だちに手を出してしまうこともありえます。そんな場合、ある程度の状況を自分の言葉で説明できる4~5歳児クラスの年頃のお子さんの場合でも、どうしてそういう事態になっていったかを客観的に伝えることは、当然難しいことです。お子さんの話と現場にいた先生のお話を総合し、どのような展開でそうなってしまったのか、相手のお友だちの気持ちも想像しながらお子さんの気持ちを受け止めることが、お子さん自身の気持ちの整理にもつながるでしょう。

保育園では、お迎えの時間帯もバラバラで、同じクラスでも、親どうしが顔を合わせるのは限られた行事や保護者会の時のみという間柄もあるでしょう。仕事の都合でなかなかそういった場にも参加できない方もいるかもしれません。子どもの口からだけ、「だれだれとよくケンカする」という話を聞いていると、「日中の様子見られないし、どんな子なんだろう?」と想像だけが膨らんでしまうかも!? しかし、親子で園生活を重ねていく中で、園児たちと言葉を交わしたり、限られた機会でも親同士がコミュニケーションを重ねていったりすることで、お友だちとの関係に対する漠然とした不安は、少しずつ減っていくことも多いものですよ!

>>気になる!? クラス内の男女比、月齢の幅