ALSアイスバケツチャレンジ

孫正義社長

孫正義社長

ALSは、筋肉が萎縮し、身体が動かなくなってしまう難病です。

ALSアイスバケツチャレンジは、「米ALS協会への寄付」または「頭から氷水をかぶる」を選び、次の候補者(最大3人まで)を指名するという募金イベントで、Facebookを作ったマーク・ザッカーバーグや、ザッカーバーグに指名されたビル・ゲイツ、そしてスティーヴン・スピルバーグやレディーガガなどが参加して、7月末から始まっており大流行となっています。

実際には頭から氷水をかぶったうえに寄付(100ドル)もするのが慣例となっています。ソフトバンクの孫正義社長が鴻海精密工業のテリー・ゴウ氏から指名を受けて、氷水を頭からかぶるなど上場企業の経営者の間にも広がっています。

賛否両論はあると思いますが、ALSという難病の認知度を高め、実際に寄付が集まっているのも事実です。これを機にALSの治療法研究と患者さんおよびそのご家族への支援が広がればよいと思います。このチャリティの趣旨に賛同される方は、下記のサイトをご覧ください。

一般社団法人 日本ALS協会
ALSアイスバケツチャレンジ

ALSアイスバケツチャレンジと株式市場の関係

本来的には、この「ALSアイスバケツチャレンジ」と株式市場には何も関係が無いと思います。

指名を受けた経営者は、「時流に乗っている、指名してくれる友人がいる、流行に敏感」でまた、すぐに氷水をかぶるような「ノリのよさ」もあると言えるでしょう。

主な指名を受けた経営者の企業の株価、昨年末株価と2014年8月21日終値の騰落率、日経平均株価との騰落率比較、時価総額を調べてみました。

アイスバケツチャレンジ

アイスバケツチャレンジ


日本の株式市場の時価総額トップのトヨタ自動車の豊田章男社長、2位のソフトバンクの孫正義社長など、日本を代表する銘柄から、新興市場の企業の経営者まで様々な方が、指名を受けています。しかし、年初からの騰落率では、日経平均株価に負けているようです。今回のチャレンジをきっかけに、今後の巻き返しに期待したいですね。

(藤本が、ネットで検索したニュースやご自身のSNSなどから、指名を受けた経営者を探していますので、全てを網羅している訳ではありません。この他にも、この経営者がチャレンジしているとの情報があれば、 ツイッターで@soubafukunokamiまでつぶやいて教えて下さい)

*本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。
*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。